カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

生活習慣病

腎臓病は新たな国民病!

 

体の中には沈黙の臓器と呼ばれる臓器があります。

これは、もしも異常があってもなかなか体で症状を感じることがない臓器のことです。

そして、腎臓も『沈黙の臓器』のひとつです。

 

●増え続ける透析患者

 

腎臓病によって正常に腎臓が働かなくなった患者が受けなければいけないのが透析です。

慢性透析患者数を見てみると、年々増えていることがわかります。

1985年には6万人程度だった透析患者が2007年には27万人を超えています。

たった20年と少しの間に5倍近く透析患者が増えているということになります。

 

●CKDとは

 

日本だけではなく世界的に慢性腎臓病の初期患者には注意すべき、経過をしっかり見るべきという意見があります。

そこで2002年にアメリカで提唱されたのが早期腎臓病であるCKDというものです。

CKD患者は透析を受ける必要はありません。

ですがそれは現時点での話であり、今後透析を受けなければならない確率が高い患者です。

従来の腎臓病の診断よりも早期発見しやすい診断基準に変えたことで、透析患者の増加を食い止めることができると予想されます。

 

●腎臓は国民病?

 

日本の場合、国民病と言えば高血圧糖尿病などが思い浮かびます。

ですがCKD、つまり早期の腎臓病も国民病と言っても差支えのないくらい患者がいます。

日本腎臓学会の発表によればCKD患者は推定1300万人以上と言われています。

10人いれば1人は将来的に透析を受ける可能性が高いということです。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/12/24-374456.php)

著者: ユウギリさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

原因に関する記事

慢性腎臓病リスクをチェック

  慢性腎臓病なんて、自分は関係ないな、と思っている方が多いと思いますが、...

CKDの原因になる2つの生活習慣病、高血圧・糖尿病を見てみよう 

  CKDは生活習慣と非常に深いかかわりを持っている病気で、生活習慣病を患って...


慢性腎臓病は大人だけの病気ではない?子どもの慢性腎臓病の可能性

  慢性腎臓病は大人だけに起こる病気ではありません。子どもの慢性腎臓病は成人と...

腎臓に負担をかけるのはこの2つ!

  慢性腎躁病は腎臓の機能が慢性的に低下していく状態のことを指し、この症状を引...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る