カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 貧血 >
  5. 鉄分だけじゃ治らない貧血もある!腎性貧血の原因と治療について

気になる病気・症状

鉄分だけじゃ治らない貧血もある!腎性貧血の原因と治療について

貧血の対処法のひとつが鉄分を摂取することですが、鉄分を摂取するだけでは治らない貧血もあります。

それが腎性貧血です。

 

●腎性貧血の仕組み 

腎性貧血の仕組みは腎臓の機能低下から始まります。

腎臓には血液を作るという働きもあります。正確に言うと、骨髄が血液を作っていますが、腎臓は骨髄に『血液をこんな風に作ってください』と指令を出します。

 

このとき、指令の出し方が間違っていたりなかなか指令が出されなかったりすると血液をうまくつくることができません。腎性貧血とかかわっているのはエリスロポエチンという名前のホルモンです。これは血液中で赤血球を作ることを命令します。

 

腎性貧血の人はエリスロポエチンが正しく分泌されていないので、骨髄は『赤血球をあまり作らなくてもいいんだな』と思ってしまいます。

すると赤血球が足りなくなり貧血になってしまいます。

 

●腎性貧血の症状 

腎性貧血の症状はめまいなどが代表的です。

貧血でもめまいがするので、腎性貧血と普通の貧血は間違われやすいという問題もあります。

他に疲れやすさ、だるさ、少し動いただけで激しい動悸がするなども腎性貧血の症状です。

 

●治療法 

元々の問題となっているエリスロポエチンの問題を解消しなければ腎性貧血は治りません。

赤血球を作るための製剤を投与したり、食事療法、そして適宜生活に注意しながら治療します。 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/10/29-037073.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

貧血に関する記事

その予防法、実は間違っている!?貧血時には絶対NG!逆効果の貧血予防法はこれだ!

「貧血予防に」と意識して取り入れている対策でも、実はそれはかえって貧血の症状を...

温度によって症状が進むことも~自己免疫性溶血性貧血の症状

  赤血球が壊されるためおきる溶血性貧血ですが、原因となる病気は複数あり、...


自己免疫性溶血性貧血について

     自己免疫性溶血性貧血とは、本来なら細菌やウイルスなどの外敵から体を...

遺伝性球状赤血球症とは

     遺伝性球状赤血球症とは、先天的な赤血球膜の異常によって赤血球が球状...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る