カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. こんなに違う!水虫(白癬菌)の種類別治療法

気になる病気・症状

こんなに違う!水虫(白癬菌)の種類別治療法

ピルケース

 

「水虫」と一口にいってもいろいろな種類があり、爪にできるものから指の間、足の裏全体にできるものなど様々です。

なので治療法にもいろいろな方法があり、水虫にかかってしまった部分により違ってきます。

 

まず、爪と足で治療法が分かれます。

 

足にできた場合(指の間・足の裏など)

 

外用薬でなおします。一日一回医師に指示されたところに塗りこんでいきます。

塗布し始めて一週間ほどでかゆみはおさまってきます。

しかし、かゆいのがおさまったからといってここで薬を塗るのをやめては、またぶり返してしまうのできちんと医師の処方どおりの期間塗り続けましょう。

おおよそ、一ヶ月ほどで治療は終了します。

 

ただし、患部がジクジクしている場合は、外用薬でかえって症状が悪化してしまうため、医者に受診しましょう。

ジクジクしている場所に湿布をはってもらい、飲み薬を一週間分処方してもらいます。ジクジクが治癒した後、外用薬にて治療をすすめていきます。

 

爪にできた場合

 

爪にできた場合は、足にできた場合よりも治療が長引く傾向があります。こちらは飲み薬で治療していきます。

薬を二種類用いて、一種類の薬は一週間服用ののち、三週間休薬をし、これを三回(三ヶ月)くりかえします。もう一種類は毎日飲み続けます。

白くなった爪が完全にもとの色の爪に置き換わるには一年以上かかりますが、薬の効果は三ヶ月飲み続ければ、半年以上続くので治療は三ヶ月ほどで終了できます。

 

 

水虫治療には根気が必要ですが、毎日続ければ確実に治っていくので、治療を途中でやめてしまわないことが大事ですね。

 

 

(photo by://www.ashinari.com/2013/02/28-376739.php)

 

著者: tossyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水虫に関する記事

これは手荒れじゃない?!手荒れと勘違いしやすい、手の水虫の症状

手に水虫ができたとき、どんな症状が出るか知っているでしょうか。そもそも手に水虫...

爪水虫や体部白癬、頭部白癬…足以外にできる水虫とは?

水虫は、カビが皮膚の角質に住みつくことによって引き起こされます。水虫の原因と...


男女の水虫患者の数はほぼ同じ!女性のはく靴は水虫を起こしやすい?!

昔は女性より男性の方が水虫の患者数が多かったのですが、近年、履くクツの違いに...

こんな場面で水虫がうる!特に公共の場で素足になるときには注意して!

      しばしば、身に覚えがないのに「水虫を発症していた」ということがあり...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る