カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

見逃せない腎臓病の初期症状

腎臓病早期発見治療が大切です。

慢性腎炎慢性腎不全だとどれだけ早いうちに治療を開始できるかが生活の質とも結びつくのです。

 

●腎臓病の発見のために

 

まず、腎臓病はすぐ身近にあるものという認識が必要です。

日本人の400人に1人は透析を受けていると言われています。

高校や中学校の校内に1人は腎臓病の子がいたとしても不思議ではないということです。

そして、世界的に見ても日本人は腎臓病にかかりやすいということがわかっています。

日本透析学会が2006年に発表したところによれば世界の透析患者の6分の1は日本人です。

腎臓病の可能性はけして低くないということをまずは知っておいてください。

 

●腎臓病の初期症状

 

腎臓は『沈黙の臓器』とも言われるくらい、症状が出にくい臓器でもあります。

急に苦しくなったり、じんましんが出たりと言ったようなわかりやすい症状は、腎臓病の初期症状には見られません。

腎臓病患者の多くが語るのが『なんとなくだるかった』『体力がなくなったなと思った』などというものです。

腎臓病ではなく『年のせい』『最近忙しかったから』などの理由で片づけてしまいがちな症状が腎臓病の初期症状です。

疲れやすかったりむくみがひどいなら一度病院へ行って検査を受けた方がよいでしょう。

また、高血圧も腎臓病と関わりが深いので、高血圧気味の方はより注意が必要です。

 

(Photo by: //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=33389)

著者: 日ノ宮さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

意外と知らない自分の身体事情0腎臓が尿をつくる仕組み0

  腎臓の代表的な働きは尿を作ることです。 腎臓がどのようにして尿を作っ...

尿検査の前の注意点

  腎臓病かどうかを確かめるための検査のひとつが尿検査です。 尿検査だけ...


腎臓が持つ4つの働き

    腎臓が体の中でどのように働いているのかを4つに分けてみていきます。 ...

腎生検にリスクはあるの?

  腎臓病の様子を知るために必須なのが腎生検です。 血液検査や尿検査より...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る