カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 基礎知識 >
  5. 腎臓病は何科で見てもらうの?

気になる病気・症状

腎臓病は何科で見てもらうの?

病院にはそれぞれ担当する科があります。例えば怪我なら形成外科や整形外科、お腹が痛いなら内科といったようにです。

 

●腎臓病は何科?

腎臓病は対象の病気や治療によって担当する科が異なっています。腎臓結石の90%以上は尿路結石ですが、尿関連の問題は泌尿器科の担当となっています。

 

一方で、透析を受ける場合は循環器科を受診します。循環器科は体の循環について担当している科なので血液=循環は循環器科の担当となるのです。

 

●腎臓病かも!何科に行ったらいいの? 

腎臓病かもしれない、と思うパターンにはいくつかあると考えられます。

 

例えば血尿の場合は尿に異常が出ているので泌尿器科関連の病気もしくは腎臓病と考えられます。この場合は泌尿器科を受診した方がよいです。

 

一方で、だるさやむくみなどは腎臓病の他に神経関連の病気、内臓の病気という可能性も高いです。尿の異常ではない場合はとりあえず内科を受診しておくというのがお勧めです。

 

腎臓病とわかれば担当科に移動することもあり得ます。腎臓内科を持っている病院もあるので、一度近所の病院をチェックしてみるもよいでしょう。

 

●総合病院を選ぶとよい

最初は総合病院を選ぶとよいようです。というのも、さまざまな科が同じ病院内にあるので、検査を受けるときなどに移動が必要ないというメリットがあるからです。

 

その後、治療方針などを聞いて納得すれば、そのままそこで治療を受けるとよいでしょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: 日ノ宮さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

どんな症状になると透析が必要になるの?

  腎臓病と言えばやはり透析のイメージがあります。 いつ透析を受けること...

腎生検にリスクはあるの?

  腎臓病の様子を知るために必須なのが腎生検です。 血液検査や尿検査より...


ビタミンD3製剤服用による血管石灰化は「マグネシウム」「ビタミンK」によって軽減できる?

近年、ビタミンD3の機能には骨代謝だけでなく、抗がんや免疫調整、血圧低下、肥満予...

腎臓病の2種類の透析

  腎機能が10%以下になった場合、もしくはクレアチニン値が8.0㎎/dl...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る