カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 赤ちゃんを一人でお風呂にいれるコツ

育児

赤ちゃんを一人でお風呂にいれるコツ

1カ月を過ぎるとベビーバスでの沐浴は卒業し、お風呂場での入浴になります。今までのお風呂よりも本格的になり、ちょっと不安…と思うお母さんもいるかもしれません。

 

あかちゃんのお風呂は誰が入れる?

お風呂を入れる役目の人は家庭によって違うと思います。お父さんが仕事から帰宅後、入れてくれる家庭もあれば、お父さんの帰りが遅いのでお母さんが入れる家庭もあります。

 

お母さんが一人でお風呂にいれる場合でも工夫すれば、楽しく赤ちゃんとバスタイムを過ごせます☆

 

バスタイムを楽しく過ごす工夫

・ベビーバス

大体は6カ月頃まで使用できます。空気で膨らませて使用するタイプは、使わない時は場所をとらないので便利です。

 

まだ首の座っていない赤ちゃんはしっかりと安定するものを選びましょう。

 

・バスチェア

首がすわってから使用できます。赤ちゃん用品専門店で売っています。

 

・バスマット(スポンジタイプ)

まだ腰のすわっていない赤ちゃんをお風呂場で寝かせながら洗えます。ベビーバスやバスチェアよりも場所を取らず、使用後はお風呂の中で吊るしておけます。使用できるのは6カ月までです。

 

・お母さんのおひざにのせる

まだ寝返りをしそうにない月齢なら、おひざに乗せて洗ってあげても大丈夫です。赤ちゃんによっては不安で泣いてしまうかもしれませんが、滑らないようにお母さんのおひざの上にタオルをおいて安定させましょう。

 

・バスマット(マットタイプ)

寝返りやお座りができるようになったら、赤ちゃんが動きたがるので、洗い場に大きめのバスマットをひいて、その上で赤ちゃんを洗ってあげるとよいでしょう。バスマットに慣れるまでは、マットの上にバスタオルをひいてあげるとよいでしょう。

 

おひざにのせて洗ってもよいですが、赤ちゃんがあやまって落下しないように十分に注意しましょう。

 

・バス用のおもちゃ

お風呂の中で使えるボールなど、誤飲しない大きさのおもちゃを選びましょう。体を洗ってあげる時に注意を向けたりするのに便利です。

 

赤ちゃんにもバスタイムを楽しんでもらえるように、お気に入りのおもちゃをお風呂場にも置いておきましょう。

 

赤ちゃんは、自分で動けるようになるとお風呂場にある色々なものに興味を示します。手を伸ばして、触ったり、口にいれてみたり。

 

6カ月を過ぎたら、お風呂場の赤ちゃんの手の届くところに危険なものがないか、掃除は行き届いているか、赤ちゃんの目線に立って、入浴前に確認しましょう。

(photo by:http://www.gatag.net/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お風呂・スキンケアに関する記事

抑えておこう!赤ちゃんの沐浴のポイントと注意点!

出産後、退院してから緊張することの一つが沐浴ですね。 約1ヶ月間の期間限定...

赤ちゃんの髪の毛が心配…薄い・伸びない・生えない・抜ける…これって大丈夫?対策は必要?

赤ちゃんの髪の毛はふわふわで細い毛であることが多いです。そこで心配になってし...

お風呂・スキンケアの体験談

赤ちゃんの柔らかすべすべ肌を守りたい!

かぶれやすい、赤ちゃんの柔らかくてすべすべの肌を守りたくて、保健師さんに相談したり、調べたりしてみた...

汗疹対策どうしたらいい!?ママにも必要!??

赤ちゃんの汗疹対策何かしていますか??そして、汗疹になった時どうしていますか!? 私の体験談をご紹...

お風呂・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る