カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おむつ・おしり >
  4. 布おむつ >
  5. 布おむつと上手に付き合いましょう

育児・子供の病気

布おむつと上手に付き合いましょう

 

布おむつには“布おむつを始めませんか?”で述べたように、メリットもあればデメリットもあります。

 

布おむつのデメリット

 

・おむつ替えの頻度が増える

おしっこやうんちをすれば、紙おむつよりも過敏に赤ちゃんは反応します。

私たちだって、ぬれた下着をはいているのは不快でたまりません。

同様に赤ちゃんも不快に思うので、おしっこのたびにおむつ替えをすることになります。

 

しかし、考え方を変えれば、赤ちゃんが一日に何回おしっこやうんちをしているのか把握することができますし、おむつ替えも赤ちゃんとの貴重なコミュニケーションの時間です。

 

お母さんの用事もありますが、赤ちゃんとのコミュニケーションの時間が来た☆と気持ちを切り替えて、おむつ替えの時間もぜひ楽しんでください。

 

・外出時の荷物が増える

紙おむつだと、使用すればそのまま捨てて帰れますが、布おむつだと使い捨てではないので、そのまま持ち帰らなければなりません。

 

外出時も布おむつで頑張る!というお母さんは、防水加工がしてある布おむつ用の袋と数枚の布おむつとおむつカバーの替えが必要です。

 

結構な荷物…と思うお母さんは外出時だけ紙おむつを使いましょう。

 

・もれやすい

布おむつは、高吸収ポリマーを使用している紙おむつに比べると、もちろんのことながら吸収力は低いです。

 

おむつ替えを怠ると、そのまま服にしみてしまう場合があります。

しかし、最近では、マイクロファイバーを使用した吸収力の高い布おむつも売られていますので、インターネットで探してみましょう。

また、就寝時だけ紙おむつを使えば、赤ちゃんもおしっこの不快感で睡眠をさまたげることなく過ごせます。

 

 

上記のように、布おむつのデメリットな点は紙おむつと併用するなどして、うまく付き合えば布おむつも悪くないと思います。

 

何よりも、おむつを替えるのはお母さんですが、おむつを付けるのは赤ちゃんです。

 

赤ちゃんにとって一番快適にすごせる環境を作ってあげましょう。

 

 

(photo by [//www.gatag.net/12/03/2008/143030.html])

 

著者: cocoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

布おむつに関する記事

布おむつ初心者必見!そろえ方は色々、布おむつの選び方

 結構面倒な布おむつ!もし続けられるようであれば、布おむつを始める準備をし...

布おむつを始めようと思ったら

 布おむつが続けられるかはお母さん次第   布おむつのグッズを全てそろえ...

布おむつの体験談

布おむつ、うちの場合

一人目出産が、助産院だったこともありうちのこのおむつはしばらく布おむつでした。 良かったことや大変...

布おむつ育児はじめました。

やれるときにやろう、といった緩い感じの布おむつ育児。 まだはじめたばかりなので、続くかはわかりませ...

カラダノートひろば

布おむつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る