カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

腎臓病の2種類の透析

 

腎機能が10%以下になった場合、もしくはクレアチニン値が8.0㎎/dlになった場合人工透析が必要です。

 

●人工透析とは

 

人工透析とは腎臓の機能を人工的な機械で補うというものです。

腎臓が本来果たすべき機能、例えばろ過の機能が果たせないと、体の中に水分が溜まったり、体に必要な栄養分がすべて外に出たりします。

末期腎不全ともなるとこの問題を腎臓はもう解決できません。

そのため、人工透析の機械が腎臓の代わりに働くのです。

 

●血液透析

 

人工透析と言えば血液透析のイメージが強い方も少なくはありません。

週に3回医療機関に行って、血液を浄化するのが血液透析です。

静脈の手術を行ったあと、血液をダイアライザーという機械に流し込みます。

ダイアライザーが腎臓の代わりとなって血液をろ過し、必要なものとそうでないものを分けます。

そして最後は体内に血液を戻して終了です。

1回あたり4時間程度の時間がかかります。

歩いたり走ったりは出来ませんが、慣れてくれば針を刺す痛みもそれほど強くはありませんので負担は大きくないと言えます。

 

●腹膜透析

 

血液透析は病院で行われますが腹膜透析自宅で行えるタイプの透析です。

お腹に透析液というものを入れて、腹膜で腎臓の働きを補います

透析液バッグを交換するというやり方で、寝ているときに行うものもあれば日中行う腹膜透析もあります。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/09/30-008906.php)

著者: 日ノ宮さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

腎臓と腎の違い

  腎臓と腎という言葉は違います。 一見すると同じ漢字を使っているし、同...

腎臓病の薬物療法

  腎臓病の中でも慢性的な腎不全の治療薬について見ていきます。   ●...


腎臓病は何科で見てもらうの?

病院にはそれぞれ担当する科があります。例えば怪我なら形成外科や整形外科、お腹...

腎臓病の2つの検査

  腎臓病の検査には尿検査、血液検査があります。 基本はこの2つの検査で...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る