カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 魚の目・タコ >
  5. 治療方法もいろいろ!サイズ別、魚の目の治療方法と治し方

気になる病気・症状

治療方法もいろいろ!サイズ別、魚の目の治療方法と治し方

足

 

魚の目(うおのめ)、痛いですよね。歩くたびにぐいぐい同じ場所を圧迫されて結構なストレスです。

角質が厚くなったところをちょっと削って、真ん中に芯みたいなものがあれば魚の目確定です。

 

魚の目は、何度も同じ場所を機械的に圧迫されることにより、足の角質が円錐形に硬くなる症状をいいます。

もちろん円錐形のてっぺんの方は足の内部に食い込んでる方です。痛そうです。

 

治療法は角質の厚さの程度によって変わってきます。

 

魚の目があまり大きくない場合

 

魚の目症状が軽度の場合、薬局に販売している魚の目用外用薬で治療することが可能です

痛みも少ないですし、手間もかからないので、小さいうちに治療しておくのがいいでしょう

 

魚の目がある程度大きくなってしまった場合

 

魚の目が大きくなり痛みを伴ってくるほど進行してしまった場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。

治療法法としては以下のものがあります。

 

スピール膏(腐食剤)

 

患部に貼って、角質化した部分をふやけさせて取り除きます。どれくらい貼るのかは魚の目の進行度にもよります。

軟化した魚の目から芯を取り除くことができれば治療は終了です。

 

メス、電気メス

 

魚の目を円錐型に除去します。角質化した部分だけを切除するので出血はないです。痛みもそれほどないとのことです。

 

冷凍治療

 

液体窒素を押し当てて低温やけどさせ、魚の目を取り除きます。複数回の通院が必要で、低温やけどの際痛みを伴います。

しかし最近は事前に麻酔をしてくれるところが多いので以前ほど痛むことはないです。

 

歩くたびに痛いと外に出かけるのも億劫になって大変です。魚の目は見つけ次第小さいうちに治療するのが一番です。

 

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2012/02/06-357554.php

著者: tossyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

魚の目・タコに関する記事

治療法いろいろ!タコの治療

  タコは度重なる圧迫などによって、角質が厚くなってしまった状態をいいます。多...

足の裏だけじゃない!魚の目は手にもできる?!

    ◆魚の目は手にもできる? 魚の目は足の裏にできるのが普通ですが、実...


魚の目予防!ハイヒールの人はご注意を

  魚の目は一度できて、痛みを感じるようになってしまうと、歩くのが苦痛になって...

魚の目に似たタコ!魚の目とタコの除去方法は色々あります!

魚の目とタコ、違いは何でしょうか。それぞれの特徴と、除去方法をご紹介します。...

カラダノートひろば

魚の目・タコの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る