カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 魚の目・タコ >
  5. 魚の目予防!ハイヒールの人はご注意を

気になる病気・症状

魚の目予防!ハイヒールの人はご注意を

ハイヒール

 

魚の目は一度できて、痛みを感じるようになってしまうと、歩くのが苦痛になって、外出も楽しくなってしまいます。

外に出たいときに出られないというのはつらいので、普段から魚の目ができないように予防しましょう。

 

合わない靴をはかない

 

魚の目の一番の原因は、自分の足に合わない靴を履いていることです。サイズがあわない、形があってないといったことです。

自分の足にあっていないと、歩くときに体重が一箇所に偏りがちになり魚の目化がすすんでしまいます。

ハイヒールやミュールなどをよくはく女性は特に注意が必要です。

中敷などを活用して、足の一部に負担がかかりすぎないように心がけましょう。

 

正しい歩き方をする

 

姿勢がゆがんで、片方の足や、偏った一部のみに体重がかかるような歩き方をしていると魚の目化が進行していきます

正しい姿勢で、左右の足に同じくらいの負担で、足の裏全体に同じくらいの体重が均等にかかる歩き方が理想です。

普段から姿勢が悪い人は、徐々にでも正しい姿勢で歩けるように頑張りましょう。

 

お風呂などでフットケアをする

 

お風呂などで、角質がかたくなった場所にボディクリームやオイルなどを塗り、すりこみます。角質がやわらかくなってはがれやすくなります。指の間などにできる魚の目は足を清潔に保つことでできにくくすることができます

 

足は私たちが健康に生活をしていく上で、とても大事な体の一部です。毎日のケアもちゃんとして、いたわってあげましょう。

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2012/07/18-365550.php

 

著者: tossyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

魚の目・タコに関する記事

糖尿病の人は注意!潰瘍をタコと間違う可能性があります!チェックポイント

  糖尿病患者の場合、タコと思っていたものがタコではなかったというケースがあり...

湿気を防いでマメ予防!水ぶくれの原因は湿気?

  マメ、漢字で書くと肉刺と書きます。また医学では「外傷性水疱(がいしょうせい...


魚の目を除去する前に…足の形から直してみませんか?

    ◆魚の目になる主な原因 魚の目になる一番の原因は合わない靴や歩き方...

魚の目が短期間で治る!画期的なレーザー治療

  魚の目の治療といえば地道に複数回病院に通って治療する、というイメージですが...

カラダノートひろば

魚の目・タコの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る