カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 成長の目安 >
  4. 4~7ヶ月 >
  5. 動作・行動 >
  6. 新生児~生後3ヶ月頃の赤ちゃんの遊びって?首がすわってより楽しい5ヶ月までの遊びも知りたい!

育児・子供の病気

新生児~生後3ヶ月頃の赤ちゃんの遊びって?首がすわってより楽しい5ヶ月までの遊びも知りたい!

産まれたばかりの赤ちゃんは寝ていることがほとんどです。

この時期の新生児と遊ぶっていっても…と思うかもしれませんね。

もちろん、赤ちゃんから積極的に遊ぶことは不可能なので、お母さんから積極的に遊んであげましょう。

 

ここでは新生児~生後3ヶ月と、さらに、首がすわり始める生後3~5ヶ月の赤ちゃんとの「遊び」についてまとめました!

ぜひ参考に、赤ちゃんと遊んであげてくださいね。

 

【新生児~生後3ヶ月頃】の赤ちゃんの遊び!生まれたばかりでも遊べる

この時期の赤ちゃんはまだ周りがぼんやりとしか見えていません。

それでもできる遊びはありますよ♪

こんな遊びを赤ちゃんと一緒にどうですか?

 

・抱っこでいろんな動き

横抱きがメインなこの時期ですが、首元をしっかり支えて、縦抱きでユラユラしたり、お母さんが屈伸をして上下にユラユラしたり、普段しない動きをして刺激してあげましょう。

必ずゆっくり揺らしてあげましょう。

 

・お家の中を案内

まだ自分で動けない赤ちゃんを抱っこして、いろいろなお部屋を紹介してあげましょう。

お部屋によって明るさも違うので、赤ちゃんにとっても刺激になります。

 

・マッサージ

寝ていることが多い赤ちゃんにやさしくマッサージしてあげましょう。

手足をやさしく伸ばしてあげたり、背中をさすってあげましょう。

 

・いろいろな物をにぎらせる

赤ちゃんは反射的に手にふれるものを握ります。

それを利用して、お母さんの指や、おもちゃなど、いろいろな手触りの物と触れさせてみましょう。

 

・指歩き

赤ちゃんの体の上を、お母さんの人差し指と中指を足に見立てて歩いてみましょう。

赤ちゃんによってはくすぐったくて笑うかもしれません。

 

・手足ゆらゆら

手と足をつかんで、上下左右にゆらゆらゆっくり揺らしてあげましょう。

 

・いろいろな音を聞かせる

お母さんの声以外に、雨の音、掃除機の音、ドライヤーの音などを聞かせてあげましょう。

 

・ほっぺつんつん

赤ちゃんのほっぺを、ゆびで優しくつんつんしましょう。

 

<積極的に遊んであげよう>

この頃の赤ちゃんは外の世界に出てきて、不安がいっぱいです。

嫌がるようであれば、すぐにやめましょう。

遊びは一方的になりがちですが、赤ちゃんの脳にはとても良い刺激になるので、積極的に遊んであげましょう。

 

【生後3ヶ月~生後5ヶ月頃】の赤ちゃんの遊び!首がすわりもっと楽しい

この時期になると首がすわって安定してきます。

首がすわると赤ちゃんのバランスも安定してくるので、赤ちゃんとの遊びの幅が広がります。

たくさん遊んで刺激してあげましょう。

 

・いないいないばあ

いないいないばあは昔から、赤ちゃんの脳を刺激する良い遊びとされてきました。

まだ、素早い動きには反応できないので、ゆっくりしたテンポで行いましょう。 

 

・まねごっこ

この頃になると「あー」「うー」と言って、お話することが増えてきます。

赤ちゃんがお話をしたら、同じようにまねをして「あー」「うー」と返してあげましょう。 

 

・こちょこちょ

産まれてすぐは授乳中、すぐ寝てしまう赤ちゃんを起こすために、こちょこちょをして起こしていたかもしれません。

この頃になると、こちょこちょ=不快から、こちょこちょ=くすぐったい感じるようになります。 

激しくこちょこちょせず、指で脇腹をつんつんしてみたり、赤ちゃんの様子を見ながら行って下さい。

 

・ラッコごっこ

赤ちゃんとお母さんのお腹を合わせた状態で抱っこし、そのままお母さんが後ろに倒れます。

ラッコの親子のようなポーズで左右にゆらゆら揺らしたり、お母さんがゆっくり起き上がったり、寝転んだりして動いてみましょう。

お母さんの腹筋運動にもなります。

 

・ぎっこんばったん

赤ちゃんを仰向けに寝かせます。

手首をつかんでゆっくり引っ張って、上体を起こします。

そのままゆっくり戻って、この動きを繰り返します。

下ろすときは赤ちゃんの頭に気を付けましょう。

必ず首がすわってから行って下さい。

 

・リズム遊び

音楽やリズムに合わせて赤ちゃんの手足を動かしてあげましょう。

お母さんが歌を歌ってあげるのもよいでしょう。

 

・鏡を見せる

赤ちゃんは初めて鏡に映った自分の姿や、お母さんの姿を不思議そうにジッと見つめるかもしれません。

その内、声をあげて笑ったり、鏡の自分にお話をするかもしれません。

 

・ジャンプ

首がすわるようになったら、赤ちゃんの両脇を持って支えてあげることが可能になります。

この体勢でソファやベッドなど、いろいろな物の上でジャンプさせてあげましょう。

足をジタバタさせて喜ぶはずです。 

 

・左右にぶらぶら

赤ちゃんの両脇を持って、左右にぶらぶら揺らしてあげましょう。

 

<就寝前の遊びは控えよう>

この頃になると、赤ちゃんの反応も出てくるので、周りの大人はついつい遊びすぎてしまうかもしれません。

日中の遊びをメインにし、興奮させると眠りの妨げになることがあるので、就寝前の遊びは控えましょう。

 

(photo by //free-images.gatag.net/)

著者: cocoさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

【乳児の育児体験談】噛み癖が治りました

    もうすぐ1歳の娘に悪癖ができました。対象は母親だけなのですが、か...

なんでも食べちゃう!?生後4ヶ月の赤ちゃんとの生活の注意点 搾乳・ベッドからの転落・体の変化…

日に日に成長し、出来ることが増えていく赤ちゃんとの生活。 可愛くて仕方がな...

動作・行動の体験談

我が子の癖(生後4ヶ月になって)

生後3ヶ月後半ごろからやら頭を左右に振って布団に頭をこすりつけるなあと思っていたら・・・とうとう後頭...

兄弟でも全く違う☆赤ちゃんの性格

現在2人の子供の子育てに奮闘する毎日ですが、1人目と2人目同じ兄弟でもこうも違うのかと驚く毎日です(...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る