カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 外反母趾 >
  5. 最後の手段手術!重症外反母趾

気になる病気・症状

最後の手段手術!重症外反母趾

女性

 

外反母趾の治療において手術は最後の手段ですが、どういったことに気をつける必要があるのでしょうか。

 

片足のみ行うか、両足同時に行うか

 

まず、基本的には外反母趾の手術は出っ張った骨を削ることをします。それにより指の形をまっすぐに整形して痛みを軽減させます。

痛みの程度は2日ほどは痛むようですが、その後は暫時改善していくようです。

 

このとき片足のみ手術した場合は7日ほどの入院、両足手術した場合は10日ほどの入院になり(長い場合は一ヶ月以上)、片足のみの場合であれば松葉杖を使って動き回ることはできますが、両足のときは歩くことは困難です。

両足同時の場合は生活の介護をしてくれる人の存在が必要です。

 

両足を一度に手術するメリットとして、痛いのは一度で済むことです。

 

 

手術をすれば外反母趾が完治するわけではない

 

手術外反母趾の根本原因である、靭帯や筋肉の弱さが改善されていないため、手術後も同じ生活をしていたのでは再発は必至です

再発を防止するためには、外反母趾を引き起こす原因になる足に負担の大きい靴を履きかえたり、弱体化した筋肉や靭帯を鍛える必要があります。

 

手術は足を動かす際に出る痛みを取り除き、スムーズにトレーニングができるようにするための有効な手段として行われるのだということを理解している必要があります。

 

また、手術するとリハビリも必要になりますし、軽い運動をするのも三ヶ月程度かかります。

 

手術をする際には以上のことに気をつけて、医師と相談の上治療方針を決定していくことが大事です。

 

 

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2013/02/06-376099.php?category=265

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外反母趾に関する記事

足の筋肉のバランス悪化で扁平足に!

  身体を支える足の土踏まずのアーチが無くなることを扁平足と呼びます。 この扁...

ハンマートゥには早めに足マッサージを

ハンマートゥを見た目が少し変形するだけの疾患だと甘く見ていると、悪化してとん...


長時間の立ち仕事やハイヒールは要注意!足指の内出血などの外反母趾の症状

ケガをした覚えがないのに、足の指に内出血が起こっていたことはありませんか?も...

長時間歩くことで症状が現れる扁平足

  扁平足は足の土踏まずのアーチが無くなる疾患です。 立っている状態の時に足が...

カラダノートひろば

外反母趾の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る