カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 知育 >
  4. 日常生活で赤ちゃんに英語で話しかけよう!オムツ替え・着替え・褒めるときのフレーズ!

育児・子供の病気

日常生活で赤ちゃんに英語で話しかけよう!オムツ替え・着替え・褒めるときのフレーズ!

日常で赤ちゃんに英語で話しかけてみましょう!

 

日常で赤ちゃんに英語で話しかけよう!おむつ替えのフレーズ

 一日に何回もする、おむつ替え。

おむつ替えの時は、赤ちゃんに語りかけていますか?

多い時には一日10回ほど、おむつを替えることもあると思います。

この時も、赤ちゃんと英語でスキンシップをするチャンスです。

 

・Don't move. 

動かないでね。 

 

・Hold still. 

じっとしててね。

 

・Lie still.

(寝ころんだ状態で)じっとしててね。

 

・Let's change your nappy.

おむつかえようね

 

・Did you poop? 

うんちしたかな?

 

・Did you pee? 

おしっこしたかな?

 

・Are you wet? 

おしっこした?

 

・Let’s get you a clean nappy. 

きれいなおむつに替えようね。

 

・Lift your legs. 

両足を上げて。

 

おむつを替えていると認識させるためにも、おむつ替えは無言で行わず、積極的に話しかけてあげましょう。

赤ちゃんもおむつ替えが楽しくなります。

 

赤ちゃんを英語でほめよう

子供が成長するにしたがって、お母さんは「できたこと」だけに対してほめることが多くなります。

そうなると子供は、「できなかった=悪いこと」だと認識するようになります。

 

「挑戦する=良いこと」と教えるためにも、できたことだけに焦点をおかず、結果はどうであれ「がんばった」「挑戦した」ことに対してもほめてあげるようにしましょう。

 

赤ちゃんの成長はあっという間で、身近にいるお母さんは、小さな成長を毎日目の当たりにするでしょう。

赤ちゃんが成長するたびにほめてあげましょう。

 

・Great job!

よくできたね!

 

・Good try!

がんばったね!

 

・You are good boy / girl.

いい子ね。

 

・You’re smart.

お利口さん。

 

・Wow, you’re amazing!

まぁ、すごいね!

 

・You are very pretty.

かわいいね。

 

・You did it!

やったね!/ できたね!

 

・Mum is so proud of you.

ママはとっても誇りに思うわ。

 

・You learn really fast!

とっても早く覚えられるね!

 

赤ちゃんの一日の着替え

一日に何回お着替えをさせますか?

うんちやおしっこが漏れたときは、もちろんお着替えさせますが、起床後はどうでしょうか?

 

私は服が汚れた時以外だと、起床時、お出かけ前、就寝前に着替えさせていました。

朝、赤ちゃんを決まった時間に起こしたら、パジャマからお部屋着へ着替えさせていました。

 

起きる・寝るの区別をつけさせるためにも、パジャマとお部屋着を分けておくとよいでしょう。

 

お着替えを嫌がる赤ちゃんは少なくないと思います。

視界が一時的に遮られたり、自由に動けなくなるからです。

お着替え嫌いにさせないためにも、お母さんが楽しくやさしく話しかけてあげましょう。

 

赤ちゃんに英語で話しかけよう!お着替えのフレーズ

・Let's get dressed. 

(パジャマから着替える時)お着替えしようね。

 

・Let’s take off your pajamas. 

パジャマを脱ごうね。

 

・Let’s put your clothes on. 

お洋服を着ようね。

 

・Lift your arms. 

バンザイして。

 

・Where is your hand? 

おててはどこかな?

 

・Turn over. 

ひっくり返って。

 

・Let’s button the buttons. 

ボタンをとめようね。

 

・Let’s unbutton the buttons.

ボタンをはずそうね。

 

・You look very pretty in pink.

ピンクがとっても似合うよ(色を変えてつかいましょう。)

 

赤ちゃんの着替え、英語で語りかけるプラスの工夫

お着替え中にも、赤ちゃんに言葉を教えてあげる機会がたくさんあります。

 

・衣料品の紹介

赤ちゃんが動けるようになれば、服のバリエーションも増えてきます。

服の名称を教えてあげましょう。

英語で教えたい場合は、辞書などで調べましょう。

お母さんの知識も増えます。

 

・色を教える

赤ちゃんの視覚の刺激のためにも、鮮やかな服を着せるとよいでしょう。

 

・複数のものは数えながら

ボタンやスナップをとめる・はずす時に数を数えましょう。

 

・体の部位を教える

「これは(名前)の足ね。小さいね。」などと話しかけてあげましょう。

 

赤ちゃんのお着替えは慣れるまで大変かもしれませんが、コツをつかめば早いもの。

あらかじめボタンや紐をはずしておくなどの下準備をして、さっと着替えさせましょう。

 

(photo by [//free-photo.gatag.net/2011/01/06/170000.html])

著者: cocoさん

本記事は、2016-08-07掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知育に関する記事

お着替えは楽しく会話をしながら☆英語も覚えちゃおう!

  一日の着替え   一日に何回お着替えをさせますか? うんちやおしっこが漏...

幼児期を大切に過ごしたい!子どもの遊びや知育は○○がオススメ!

大切な幼児期。遊びから子ども達はたくさんのことを学びます。五感を鍛えて、友達と...

知育の体験談

読み聞かせって大事?

今回は読み聞かせについて書きます。 お子さんがいらっしゃる方は読み聞かせってされましたか? 地域...

こどもちゃれんじってどんな感じ?こんな感じです

※私個人の感想です。参考程度にお読みください。 子供が産まれて出てくる問題が、『「こどもちゃれ...

カラダノートひろば

知育の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る