カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 症状 >
  5. 拒食症はどういった経過をたどるのか。

メンタル

拒食症はどういった経過をたどるのか。

 

拒食症はどういう風になってどういう風に治っていくのでしょうか。一般的な経過を説明します。

 

きっかけ

傾向的には生真面目なタイプの方が何らかの挫折体験(勉強やスポーツ、恋愛や友情での失敗など)をきっかけとし、自己肯定感が揺らぐことによって発症することが多いようです。

何がきっかけか分からない場合もあります。

 

ダイエット期

ダイエットは数値ではっきりと結果を知ることが出来ます。薄れていた自己肯定感をダイエットによって取り戻すことが出来るために充実感や達成感があり、周りからは気づきにくいことが多いです。

 

拒食期

低栄養状態となり、身体的にも様々な症状が出てきます。それでも本人は今の状態をむしろ気にいっており、体重増加への恐怖から治療の必要性を感じてないことがあります。

最初のうちは活動的で昂揚的になっていますが、次第にイライラや不安感、焦りも強くなってきて周囲も本人も一番つらい時期となります。

 

回復期

体重増加への恐怖や、歪んだボディイメージが薄れていきありのままの自分を受け入れることができるようになってきます。

そうすと心にゆとりが出来、食行動も改善に向かいます。栄養状態が良くなるにつれて様々な身体症状も徐々に回復していきます。

 

まとめ

この様な経過を順序良くたどるとは限りません。

時には後戻り再発をしてしまうこともあるかも知れません。

それでも焦らずに長い目を持って拒食症を受け入れていきましょう。

 

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2010/10/29-037125.php?category=317

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

もしかするとうつ病も併発しているかも・・・摂食障害と急性のうつ病(大うつ病性障害)について

他の病気でも併発があるように、摂食障害の場合も他の病気にもなっている・なること...

摂食障害とリストカット症状に陥りやすいパーソナリティ障害

  パーソナリティ障害をご存知ですか?   わかりやすく説明すると、『...


嘔吐は自傷行為の一つ?死亡率の高い精神病、拒食症の嘔吐について

拒食症は死亡率の高い精神病としても知られています。死亡の原因はいろいろとありま...

神経性無食欲症(拒食症)の制限型では、過食に反転する可能性も

  一般的に拒食症と言われる摂食障害は、本来は神経性無食欲症と言います。この神経...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る