カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

美容・ダイエット

食べ合わせでダイエット!

 

 

今までの栄養学では、カロリーが一緒だったら何を食べても、どういう順番で食べても変わらないと考えられてきました。

ですが、最近の研究では食べ合わせや順番を変えることで消火や吸収の時間が変わり、血糖値の上がるスピードにも変化が出てくることが分かってきました。

 

血糖値が急激に上がると身体は糖分を取りこんで備蓄しようとします。

つまり血糖値を急激に上げるような食べ合わせや食べ物は太りやすいということです。

では具体的にはどういった組み合わせがいいのか見ていきましょう。

 

炭水化物+野菜

ご飯や麺類などの炭水化物は血糖値を急激に上昇させます。

先にサラダなどで野菜を取っておけば、食物繊維が糖分の吸収を緩やかにしてくれます。

セットが有る場合、パスタとピザを頼まずに、どちらかにサラダを組み合わせると良いでしょう。

 

炭水化物+香辛料

お寿司にガリ、お好み焼きに紅ショウガ、ラーメンに海苔やメンマ。

定番の組み合わせですが、これらには血糖値の急激な上昇を抑えてくれたり、代謝を上げて太りにくくする効果があります。

 

お肉+副菜

焼肉にキムチ、ステーキにガーリック、これらの組み合わせも肉の臭みを消して美味しさをアップさせるだけではありません。

キムチの乳酸やニンニクが脂肪燃焼効果を高めるのでダイエットの心強い味方です。

 

まとめ

食べ合わせを考えると言うと難しそうな気もしますが、よくある組み合わせの中にも多数存在します。

同じものや似たようなものばかりでなく、種類を多く取れば食べ合わせが良いことが多いです。

また脳が満足するので、お腹が一杯になるまで食べなくても満腹感を得ることも出来ます。

 

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2013/01/27-375779.php?category=265

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ順・食べ方に関する記事

痩せる体質って存在するの?リバウンドを防ぐために…痩せる体質を作るコツとは?

ダイエット経験者であれば、多くの人が悩むのがリバウンド。 せっかく目標体重をク...

太りにくい体質を作る朝食の摂り方!自宅・外食で違う朝食メニューの選び方

学校などでは朝食を必ず食べましょうと指導されますが、ダイエット中は朝食に何を食...


朝食をしっかり摂るメリットと、朝食を抜くメリットは?ダイエット効果の違い

朝食は食べる方が良いとする意見と、朝食は抜くと良いという意見に分かれますが、...

ダイエットの成功は夕食で決まるといっても過言ではない!

ダイエットしたい人は夜のご飯の食べ方を変えるだけで痩せやすくなります。18時...

カラダノートひろば

食べ順・食べ方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る