カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 摂食障害 >
  4. 治療 >
  5. 拒食症の治療法あれこれ

メンタル

拒食症の治療法あれこれ

 

 

日本摂食障害学会監修の『摂食障害治療ガイドライン』によると、摂食障害は病態や症状が多様であり、治療法も数多く存在すると述べられています。

では、具体的な治療法としてはどのようなものがあるのか、いくつか例を挙げていきます。

 

支持的精神療法

治療者が患者を理解し支持してあげるために、不安や悩みを傾聴してあげます。

あくまで支持することが大切で、治療者の意見を述べたり、批判することはありません。かと言って簡単に励ますような事もせずに、あくまで支持をして患者の気持ちを楽にさせて、自立を助けることが大切です。

 

身体治療

拒食症の患者は栄養不足によって、身体の生理バランスが崩れています。

低栄養によってダメージを受けてしまった機能を無理なく回復させるために摂取カロリーや食事回数を決め、嘔吐をしないように気をつけます。身体機能が回復することにより心身ともに改善します。

 

認知行動療法

拒食症患者の多くは歪んだボディイメージを持っています。病的に痩せているにも関わらず、体重増加を嫌がるので患者自らが治療を望まないケースが多く見られます。

歪んだボディイメージ(認知)を、実際に身体活動や運動をすることによって現実との食い違いを認識させて改善していきます。

 

 

集団療法

拒食症患者で少人数のグループを作り、お互いに自分のことを語り他人の話を聞くことにより、自己を発見したり症状の改善を目指します。

 

まとめ

拒食症には誰にでも効くこれだ!といった治療法は存在しません。周囲がサポートをしながら一人一人にあった治療法を見つけていくことが大切です。

 

 

 

 photo by://www.ashinari.com/2012/12/31-374646.php?category=265

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

過食症が及ぼす影響と治療法について

  生命維持のために、飢えを解消するための過食と、ネガティブな気持ちから逃れた...

摂食障害やリストカット治療中の家族の心得

  摂食障害やリストカットのために治療している家族に必要なことをまとめまし...


過食症に薬物治療は有効か?

  過食症に薬物治療は有効なのでしょうか? 様々な実験によると、有効だとでてい...

どうして起きる? 拒食症

  拒食症は、体重を増やすことに対する恐怖ややせ願望のために食べることを拒否す...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る