カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 透析 >
  5. 透析の費用と助成制度

生活習慣病

透析の費用と助成制度

 

人工透析には時間や手間もかかりますが、費用もかかります。

基本的に一度人工透析を始めると止めることはできません。

回数が減ることはあっても、腎臓の機能が完全に回復するわけではないので透析がなくなるということはないのです。

そういった意味で、金銭的な負担も透析にはつきものと言われています。

 

●透析治療費はどれくらいかかるの?

 

人工透析の治療費は、血液透析の場合は月に40万円くらい、そして腹膜透析の場合は月に70万くらいと言われています。

1年間透析を受けるだけで、血液透析なら480万円、腹膜透析なら840万円もの費用が掛かってしまいます。

もちろん、これは透析だけの費用で各種の検査などは含んでいません。

検査、病院までの交通費などを含めるともっと高額になってしまうのが透析の問題と言われています。

 

●自己負担額は少ない

 

月に40-70万円かかる透析の費用ですが、自己負担額はもっと少ないです

というのも、透析患者を支えるための助成制度が整っているからです。

最もよく使われる助成制度と言われているのが、医療保険高額療養費制度というものです。

高額療養費制度では1か月1-2万円の範囲の自己負担額で済むのが特徴で、年間にしても12-24万円と、療養費制度を使う前の1か月分にも満たない金額で透析治療を受けられます。

その他に自立支援医療制度地方自治体による助成制度もあります。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/05/09-361765.php)

著者: さぷりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

透析に関する記事

腹膜透析の注意点

  まだ日本ではあまり行われていない透析が腹膜透析です。 透析液を使って...

体重増加・服薬・動脈硬化…透析中の低血圧の原因

  慢性腎臓病は進行と共に腎臓の機能が低下していきます。しかし腎臓機能が大きく...


慢性賢蔵病(CKD) 人工血液透析(HD)について

    透析には腹膜透析と人工血液透析がありますが、自分の腹膜を使用せずに人工...

透析をしながら働く

  腎臓病の末期になると透析が必要です。 血液透析の場合は週2-3回、1...

カラダノートひろば

透析の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る