カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食べ合わせ >
  5. 食べ合わせで栄養アップ!

健康診断・健康管理

食べ合わせで栄養アップ!

 

 

食べ物の中には組み合わせ次第で栄養価が高くなるものがあります。

それぞれの食品に含まれる栄養素や酵素が働きあって、お互いの栄養素の量や吸収率が増える組み合わせをご紹介します。

 

乳製品+魚

カルシウムの吸収にはビタミンDが必須です。

魚介のグラタンやチーズ焼きなどは骨を強めるのにはもってこいですね。

日光を浴びることによっても体内でビタミンDは生成されます。

 

トマト+オリーブ

イタリア料理では欠かせない組み合わせですね。

トマトに含まれるリコピン抗がん作用があると言われていますが、脂質と一緒に摂取することによって吸収率が上がります。

 

モロヘイヤ+ごま油

抗酸化作用の強いビタミンEを多量に含んだモロヘイヤはアンチエイジングに対する効果も期待されています。

また血液をサラサラにする働きもあります。

ビタミンA・D・E・Kは脂溶性ビタミンなので油と一緒に摂ると吸収されやすくなります。

 

 

あさり+ブロッコリー

鉄分が不足することによって起こる鉄欠乏性貧血が女性に増えています。

ブロッコリーに含まれるビタミンCがあさりの鉄分の吸収を助けてくれます。

 

豚肉+にんにく

豚肉には、糖からエネルギーを作る手助けをしたり、健康な肌の生成に欠かせないビタミンB1が含まれています。にんにくやネギなどの香り成分ビタミンB1の吸収率を高めてくれます。

 

まとめ

同じ食べるにしても、ちょっとした組み合わせを考えるだけで、栄養の吸収率は良くなり健康と美容に効果的です。

他にも色々あるので調べてみるといいかも知れないですね。

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/02/22-376625.php?category=5)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ合わせに関する記事

こんな場合、薬はどうやって飲むのが正しい?食間はいつ?不規則な生活の場合の食前・食後は?

処方された薬は正しく飲むことで、最大限の効果を得ることができます。ですが、薬の...

薬と一緒に飲むそれは○?×?勘違いしている人も多い!"薬を何で飲むか"の重要性

薬はそれ単独で飲むものではありません。薬と一緒に必ず飲むものがあると思います...


実は理に適ってる?何気なくしてる食べ合わせ

    食べ合わせを考えると言うと凄く難しそうなイメージはありませんか?...

知らないでやってしまいがち?チーズにキャベツ…薬の飲み合わせで避けるべき3つの食べ物

薬を服用する際気をつけたいこととして、薬同士の飲み合わせ、薬と飲み物の飲み合わ...

カラダノートひろば

食べ合わせの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る