カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 実は理に適ってる?何気なくしてる食べ合わせ~果物・ナッツ類と食べ合わせ~

健康診断・健康管理

実は理に適ってる?何気なくしてる食べ合わせ~果物・ナッツ類と食べ合わせ~

 

食べ合わせを考えると言うと凄く難しそうなイメージはありませんか?

ですが、普段から当たり前のように食べている食事の中にも理に適った組み合わせというのは多数存在します。

 

さんま+大根おろし

脂ののったさんまに大根おろしは欠かせませんよね。

このさんまの脂は多価不飽和脂肪酸といって健康には良いのですが酸化しやすいと言うデメリットもあります。

大根おろしに含まれるビタミンCはさんまの脂肪酸が酸化するのを防ぐ働きがあります。

 

鰻+山椒

山椒に含まれるサンショールという香り成分が胃の働きを良くし鰻のこってりとした脂の分解と吸収を助けます。

 

冷や奴+カツオ節

豆腐に含まれるカルシウムは、カツオ節に含まれるビタミンD

によって吸収が促進されます。

必須アミノ酸といって身体に必要なアミノ酸のうち、お互いに含んでいないものを持っているので一緒に食べることによって補完できます。

 

米+海苔

おにぎりには欠かせない組み合わせですね。

ごはんのような炭水化物をエネルギーに代えるにはビタミンB1が必要です。海苔にはビタミンB1、A、B2が豊富に含まれています。

 

とんかつ+キャベツ

キャベツに含まれるビタミンU(キャベジン)が胃に負担のかかる揚げ物の消化を助けてくれます。

ビタミンUは熱で壊れてしまうので、千切りにして添えるといいですね。

 

マグロ+山芋

マグロに含まれるたんぱく質はバランスが良く、生では消化吸収も良いです。まぐろの山かけにすると、山芋に含まれるムチンがまぐろのたんぱく質の吸収を更に高めてくれます。

普段何気なく食べているメニューにも沢山の効能が含まれています。

 

食べ合わせの悪いもの。

食べ合わせが悪いから鰻と梅干は一緒に食べるな、と言われたことはありませんか?

古くは江戸時代に生物学者でありう学者の第一人者であった貝原益軒が記した養生訓という当時の健康書に記されたのが初めだと言われています。

その中には迷信的なものもあれば、現代の栄養学的に見ても正しいものもあります。

 

トマト+きゅうり

サラダでよくある組み合わせですが、生のきゅうりに含まれるアスコルピナーゼがトマトのビタミンCを酸化させてしまいます。

ピクルスのきゅうりなら大丈夫です。

 

ベーコン+ほうれん草

ベーコンにはリン酸塩が含まれています。

ほうれん草に含まれる鉄分やカルシウムの吸収をリンが妨げてしまいます。

 

枝豆+チーズ

お酒のつまみとしてはよくある二品ですが、枝豆に含まれるフィチン酸がチーズのカルシウム吸収を妨げてしまいます。

 

お茶+昆布

昆布に含まれる鉄分は貧血気味の方には欠かせませんが、お茶の渋みの元であるタンニンが鉄分の吸収を妨げます。

 

シラス+大根おろし

シラスに含まれるリジン。身体の修復をしてくれる必須アミノ酸ですが、大根に含まれるリジンインヒビターがリジンの吸収を阻害します。

 

ビール+唐揚げ

アルコールを分解する際に脂肪吸収を促進する酵素も産生されます。

アルコールと高脂肪の食べ物の組み合わせは太りやすいので注意が必要です。

 

どれも気にしなければよくある組み合わせですが、実は栄養の吸収率を悪くしてる事があります。

より健康的に暮らすために、食べ合わせを勉強してみるのもいいかも知れないですね。

 

果物・ナッツ類と食べ合わせ

天然の食物には、各種ビタミン、必須アミノ酸、必須脂肪酸など、人体で生成できない栄養素をたくさん含んでおり、またそのほか、ホルモンや免疫機能を賦活するペプタイドなどの有用な成分が多数含まれています。

その効果を駆使して、食べ物を組み合わせて、身体の不調を取り除けるようにしましょう。

 

果物の食べ合わせ

アボカド+レモン ~アボカドの冷製スープ~

アボカドは脂肪の含有量が多く、その大部分が不飽和脂肪酸で、コレステロール値を改善するn-9と血流をサラサラにするn-3不飽和脂肪酸を豊富に含みます。

さらにビタミンCが多いレモンとパセリが血管の内壁を傷つけないようにします。

 

ウメ+イワシ ~イワシの梅煮~

梅は天然の有機酸を45%も含み、胃腸の働きをよくして、また、糖質や脂肪酸の代謝を促して、血液中にたまった乳酸を分解するので、疲労回復に役立ちます。

クエン酸を含んでいる梅とイワシのDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が協力して、疲労回復と成人病予防に役立ちます。

 

カシューナッツ+にんにく、しいたけ、にんじん~カシューナッツの中華炒め~

カシューナッツは脂質、糖質、たんぱく質、ビタミンB1・Eを含む高カロリー食品で、さらに亜鉛、銅、マンガンの微量ミネラルをたくさん含んで、免疫力を増強させる作用があります。

にんじん、しいたけ、にんにくは強い抗酸化作用を持ちながら、血液の流れを活発にする働きもあり、カシューナッツの微量ミネラルと協力して動脈効果の予防と心臓疾患の改善に役立ちます。

 

ぶどう+もち米、ハチミツ ~レーズン入りおこわ~

ぶどうにはブドウ糖や果糖、クエン酸、ビタミン酸、カルシウム、カリウムなどが含まれていて、気血を補い、生命力を強くし、胃腸虚弱に効果があります。

胃腸を温めるもち米と胃腸を丈夫にするレーズンのエネルギー補給効果が協力しあって、冷えると腹が傷んで下痢になるような慢性下痢症の改善に役立ちます。

 

バランスの取れた食事を心がけ、体に必要な栄養素をまんべんなく取り入れるようにしましょう。

外食の際は、食べ合わせを憶えておいて注文すると、バランス良く食べれるでしょう。

 

知らないでやってしまいがち?チーズにキャベツ…薬の飲み合わせで避けるべき3つの食べ物

薬を服用する際気をつけたいこととして、薬同士の飲み合わせ、薬と飲み物の飲み合わせなどがありますよね。ですが、薬と食べ物の飲み合わせについても、良い悪いがあることを知っているでしょうか。

 

この薬はこの食べ物と一緒に摂ってはダメ!

薬と食べ物の飲み合わせというのは、あまり知られていないものも多いでしょう。

使用している薬によっては、効果が薄れてしまい、病気の症状が出てしまって、危険な状態になる可能性もあります。

 

・抗うつ薬×熟成チーズ

一部の抗うつ薬を服用しているときに、チラミンを多く含む食材を多量に食べるのは危険です。

体内に過剰なチラミンが蓄積すると、神経刺激作用によって、発汗、動悸、頭痛、血圧上昇、吐き気などの症状が出ることがあります。

他にチラミンが多く含まれる食材としては、アボカド、バター、チョコレート、鶏レバー、イチジク、バナナ、ニシン、タラコ、赤ワインなどがあります。

ちなみに冒頭には熟成チーズを書いていますが、普通のチーズにもチラミンは含まれます。ただチーズは熟成が進んだほどチラミンが多くなるためです。

 

・抗生物質×グレープフルーツ

グレープフルーツとの食べ合わせでは、降圧薬(カルシウム拮抗薬)が比較的知られていると思います。

一部の抗生物質とグレープフルーツを一緒に摂取すると、グレープフルーツが体の中に一部の代謝を低下させてしまいます。そのため薬の作用が増強してしまい、中毒症状などが起きやすくなります。

 

・解熱鎮痛剤×キャベツ

非ピリン系の解熱鎮痛剤には、アセトアミノフェンという成分が含まれており、これが解熱効果や、鎮痛効果を発揮します。しかしキャベツにはこのアセトアミノフェンを排出してしまう働きがあります。

そのため、一緒に摂取すると効果が薄くなってしまう可能性があります。

 

薬を服用するとき、食事を摂ってから薬を飲む場合もあるでしょう。そのときに知らないで薬の効果を薄めていたり、増強させたりしている可能性がありますから、自分が使う薬の特徴や併用の注意は、しっかりと確認しておきましょう。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2013/02/27-376692.php?category=5])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-14掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事に関する記事

疲労・肝疾患回復に☆鶏ムネ肉とパプリカの醤油マヨ炒め! 食欲不振や夏バテ防止に効果のある食材を使ったレシピいろいろ

鶏ムネ肉は必須アミノ酸のバランスが良く、消化吸収率が95%の低脂肪、高栄養の...

ゴーヤにスズキにトマトにオクラ・・・夏バテに効く食べ物いろいろ

ゴーヤは夏の食べ物、ちょっと苦いけど、栄養価の高い食べ物ということは知られて...


食べ過ぎて吐き気が・・・対処法まとめ

  外で食事をする機会が多かったり、人と食事をする機会が多かったりすると、...

お酒を飲んだあとの下痢の原因、予防、対策!お酒を飲む人は薬が効きにくいのはどうして?

お酒は体質によって強い人、弱い人がいます。お酒をたくさん飲んでもまったく平気...

カラダノートひろば

食事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る