カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 巻き爪 >
  5. 痛くて歩けない?手術が必要な場合もある?巻き爪の原因

気になる病気・症状

痛くて歩けない?手術が必要な場合もある?巻き爪の原因

ロールケーキ

 

巻き爪になるには、複数の原因があります。それぞれ対処や治療が異なるので注意が必要です。以下に主な原因をご紹介していきます。

 

1.深爪をしてしまった

 

深爪を下部分が刺激を受けて、巻き爪になってしまうことがあります。

一度の切り間違いでも起こることがあるので注意が必要です。深爪にならないように、爪の白い部分を残して爪切りをするようにこころがけるといいでしょう。

 

2.靴が合わない

 

横幅やサイズや形が自分の足と合わずに、圧迫を繰り返された結果爪が内側に巻いてきてしまいます

足先の細い靴や、ハイヒール、革の硬い靴などを避けて、靴の中で指が圧迫されないものを選ぶようにしましょう

 

3.けがをしたら巻き爪になってしまった

 

外傷により皮膚が傷つくと、その衝撃で巻き爪になってしまうことがあります。

爪の変形が大きい場合は、専門機関での治療が必要になってきます。

 

4.爪水虫にかかっている

 

爪水虫に罹患している場合も巻き爪になりやすいです。水虫菌により爪が硬くなったり、ぐねぐね波打ったりするので爪が変形してきて巻き爪になります。

この場合、まずは水虫を治療する必要があります。水虫の治療が終了した時点で巻き爪の治療を開始します。

 

いずれにせよ、巻き爪になり進行してしまうと歩行困難など日常生活に支障が出てくるので、そうならないよう普段から気をつけておく必要があります。

また、症状が進んでしまった場合は専門の医療機関を受診し適切な治療を受けることで、早期に完治することが可能になります。

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2009/04/28-018169.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

巻き爪に関する記事

爪は皮膚の一部?!爪の治療、ケアなら皮膚科か美容皮膚科へ!

  爪という器官は、骨の一部と思われがちですが実際には異なります。 爪はあ...

巻き爪が進行すると手術が必要!?

  巻き爪とは主に足の親指に起こり、深爪や圧迫などにより爪が内側に巻き込んで肉...


巻き爪の治療をする前に!知っておこう、保険が適用できる治療方法

  巻き爪の治療は、主に皮膚科や整形外科で行ってくれます。治療法法はいろいろあ...

身近な爪の疾患「爪周囲炎」とは

  爪の疾患というと硬い爪の異常と言うこともあり、珍しいものと考えられがち...

カラダノートひろば

巻き爪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る