カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. 乗り物酔い >
  5. 乗り物酔いしやすい方に知ってほしい!そのメカニズムと原因

気になる病気・症状

乗り物酔いしやすい方に知ってほしい!そのメカニズムと原因


 

 

乗り物酔いとは、 自動車や船などの乗物に乗っている時に受ける振動や加速や減速の繰り返しが平衡感覚に異常をきたし自律神経に失調をきたし様々な症状を引き起こします。

 

身体のバランスをとる仕組み

身体のバランスは、身体から送られてくる様々な情報を脳が統合することによって保たれています。

 

○最も中核を担う平衡感覚器官として、耳の奥にある三半規管から回転方向、卵形嚢から垂直方向、球形嚢から水平方向の動きの情報が送られます。

 

 

視覚によって空間認識を行うことによっても身体のバランスは取られます。

 

○各々の筋肉がどれくらい伸びて縮んでいるのか、そういった情報を統合することによっても身体バランスは取られます。

 

○これらのバランス情報は大脳に伝えられる前に前庭小脳で情報量が調節されて送られます。

 

 

情報が錯綜する

乗り物から伝わってくる刺激量が平衡感覚器官の許容量を超えてしまいます。また視覚が認識する空間の位置や筋肉から伝わる身体の位置を伝える情報の間にズレが生じることも乗り物酔いの原因になります。

それらの刺激を大脳に中継する前庭小脳のコントロール力も落ちてしまいます。

 

予防法・対処法

気分が悪くなったらすぐに降りる、換気する、横になるようにしましょう。

また自己暗示や、短い距離からすこしずつ慣れるようにもしましょう。

 

まとめ

乗物から伝わる不規則な揺れや加速・減速に加え、身体に加わる刺激と視覚から伝わる情報・筋肉が感じる感覚にずれが生じるために、身体のバランス機能に異常をきたし乗り物酔いは起こってきます。

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/05/11-020033.php?category=172)

 



著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乗り物酔いに関する記事

乗り物酔い防止薬…どれが効く!?抗ヒスタミン薬、抗コリン薬、アミノ安息香酸エチル

乗り物酔いには様々な対応策がありますが、その中で乗り物酔いの薬にはどのような成...

乗り物酔いしやすい方必読!乗り物酔いについての豆知識

  乗り物酔い 旅行の季節、船・飛行機・自動車・電車などの乗り物に乗って、め...


自分に合う?乗り物酔い止め薬

  乗り物酔いの薬は飲んだ方が良い? 乗り物の揺れにより生じるめまいや吐き気...

つぼ療法で乗り物酔いを治そう

  休日に出掛けると、車の渋滞や電車の大混雑に合って、乗り物酔いしやすい人は苦...

カラダノートひろば

乗り物酔いの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る