カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 爪白癬 >
  5. あなたは大丈夫?爪水虫チェック

気になる病気・症状

あなたは大丈夫?爪水虫チェック

雪

 

爪水虫は通常の水虫が進行して、白癬菌が爪にまで繁殖してしまった症状をいいます

通常、かゆみを感じにくいので気がつかないことも多いようです。

日頃自分の爪の状態をチェックして、異常があれば病院を受診することが大事です。

 

爪が白くなってしまっている。または黄色、黒っぽい色になっている。

 

爪水虫が進行すると爪の先端部分から色が白っぽくなってきます

さらに進行すると爪全体が白っぽい、または黄色っぽくなってきます。さらに放置すると紫や黒に近い色に変わってきます。

 

爪がぼろぼろと崩れやすくなっている

 

白癬菌におかされている爪は弱くなってしまい、ボロボロ崩れてきます

先端部分が欠けてボコボコしている場合は注意が必要です。

崩れた組織には白癬菌が付着しているため、感染源になってしまうので注意が必要です。

 

爪が厚くなってきた。または変形してきた。

 

爪に厚みが出てきます

また、巻き爪のように肉部分に食いこんでしまったり、上側に盛り上がってきてしまったりします。

 

爪水虫と症状が似ていて、違う病気の可能性もありますので、正しく診断してもらうために専門医の受診が必要です。

病院では組織を採取して、顕微鏡で観察し、白癬菌の存在を確認します。白癬菌が確認できれば水虫であると診断が下ります。

 

現時点で困ったことがなくても、爪水虫の状態では他人への感染の危険が高まりますし、放置することで歩行困難などの症状が出てきます

爪水虫の疑わしい症状がある場合は、早期に医療機関を受診するようにしましょう。

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2013/01/22-375218.php?category=20

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

爪白癬に関する記事

ムレが気になる季節!爪水虫(爪白癬)に要注意!

  水虫が進行していくと、水虫菌が爪に繁殖するようになります。   水虫菌が爪...

やわらかいので注意!爪水虫の爪きり

爪水虫に感染すると、爪の組織がもろくなり、小さな衝撃でボロボロとはがれてきてし...


爪水虫になったら気をつけたいこと

  爪水虫になってしまうと、角質がボロボロ落ちやすくなり、その落ちた角質に白癬...

糖尿病の方は注意したい、壊疽の原因にもなる梅雨時の「爪白癬」

糖尿病の方は注意!壊疽の原因にもなる「爪白癬(爪水虫)」 皆さんは、爪白癬(は...

カラダノートひろば

爪白癬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る