カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ハンドケア >
  4. 手荒れの症状と進み方

美容・ダイエット

手荒れの症状と進み方

おやこ

 

手荒れにはちゃんとした名前があります。

長いですが、「進行性指掌角皮症」といいます。

つまり指と掌(てのひら)の角質が厚くなってくる、という名前です。

 

一般的にはガサガサしてささむけが多くなったり、小さなあかぎれが出来たりといった認識ですが、「進行性」と名づけられているだけあり、放っておくとひどくなっていく病気です。

 

最初はカサカサしたりかゆみが出ます

 

最初は角質が水分を保持できなくなるために乾燥が進み、手の角質がカサカサしてきます。

角質がカサカサしてむくれあがってしまうことで、末梢神経が刺激されかゆみが出てきます。

 

さらに進むと皮膚が硬くなってひび割れます

 

角質が乾燥することでめくれてくると、それを強化しようとして角質が厚くなります

厚くなると皮膚の柔軟性が失われるため、パックリと皮膚が割れて真皮組織が露出し痛みが激しくなります。

 

ひび割れから炎症や化膿がに進行します

 

ひび割れている状態を放置して、さらに刺激を繰り返すと、患部が炎症を起こしたり化膿したりしはじめます

この段階では自分で治すのは困難なので皮膚科を受診してください。

 

傾向としては冬季になる人が大半で、暖かかくなる4月ごろにはおさまってくる傾向が強いようです。

 

たかが手荒れなどとあなどらずに、早めに対処することで悪化を防ぐことは可能なので、軽症のうちに水仕事が終わったらハンドクリームをすりこんでおくなどしておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2009/02/23-014442.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ハンドケアに関する記事

手湿疹の悩み、「なかなか治らないのはなぜ?」

    毎年のように悩む“手湿疹”。家事や育児をこなす女性にとって、とても辛...

しもやけのかゆみを抑えるには!

  冬の季節、しもやけに悩まされている人も多いはずです。別名凍瘡(とうそう)と...


冬の乾燥にも!リラックスのためのハンドケア

  ■乾燥の季節にセルフケア  自分で簡単にできて、リラックス効果の高いハンド...

寒いときのしもやけ対策!

  しもやけは実は子どもだけが気をつけていればよいのではなく、体を締め付けるよ...

カラダノートひろば

ハンドケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る