カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. その他 >
  4. 考えたことありますか?内臓アンチエイジング!膵臓の若返りに必要なこと

健康診断・健康管理

考えたことありますか?内臓アンチエイジング!膵臓の若返りに必要なこと

 

 

膵臓(すいぞう)の内臓アンチエイジングについて今回は詳しく解説していきましょう。そもそも膵臓って何してる器官なの?って思うかもしれないですが、そこら辺も含めて説明していきたいと思います。

 

【膵臓の内臓器官としての役割】

 

内臓アンチエイジングで重要なのは、その内臓器官がどのような役割を身体の中で果たしているということでしょう。

まず、膵臓の基本的な役割としては、膵液インスリンを分泌することにあります。

膵液はあらゆる消化酵素が混ざっていて、消化しきれなかったものも最終的にはこの膵臓が消化を行っていくと考えるとわかりやすいですね。

 

また、インシュリンについてですが、最近だと糖尿病などの生活習慣病で耳にするようになった言葉ですね。注目されている理由は、血糖値を押さえることのできるただ一つの分泌ホルモンだからなのです。

 

ではこの役割のどこに膵臓の内臓アンチエイジングが関係してくるのでしょうか?

 

 

【膵臓は食生活の影響を受けやすい】

膵臓は前述の通り消化酵素の中でも全ての消化能力があります。その代わり、使いすぎてしまえば負担がより大きくなって老化が進行してしまいます。

例えば、胆汁の脂肪分解が不十分な際には、膵液がその消化を代わりに担うことになります。しかし、頻繁に使ってしまえば膵臓に大きな負担をかけてしまいます。

 

また糖分を摂取しすぎた際に、血糖値が上昇しすぎてしまって、負担が生じてしまうこともよくあります。それが頻繁に起こってしまえばインシュリンが身体に効きにくくなってしまします。

インシュリンの量を増やしてまた効きにくくなってしまうという悪循環で疲弊を大きなものとしてしまいます。

 

膵臓の内臓アンチエイジングを目指すためには、この膵臓が負担を受けすぎないように食事の糖分量を調整してあげることが大事なのです。

 

【消化器官には負担の大きい飲食物】

 

揚げ物(脂肪食)

・インスタント食品(添加物)

・コーヒー(カフェイン)

・トウガラシ(スパイスを含んだ刺激の強い食品)

 

これらをは控えるなど、ちょっとした対策が内臓のアンチエイジング効果をもたらしてくれるのです。

 

 

食事などを一度見直して、膵臓の内臓アンチエイジングを目指してみましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/02/27-376694.php?category=5)

 

著者: ゆゆきちりさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

病は気から?思い込みのプラシーボ効果とは

  小麦粉を良薬と偽って飲ませたら病が治ったというのはうそではありません。これ...

神経毒テトロドトキシンを持つ危険な生物

  全身に麻痺症状を引き起し、呼吸停止にして死に至らしめる恐ろしい神経毒テ...


案外知らない?救急車を呼ぶ上での注意点とは

           誰かが突然倒れたりあるいは事故に遭った時など、救急車を呼ば...

ストレスフルな生活を送る現代人必見!ストレスが内臓に及ぼす影響って?

  本当は内臓アンチエイジングがストレスによって引き起こされているかもしれ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る