カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 基礎知識 >
  5. 発症のXデーは突然に

アレルギー

発症のXデーは突然に

 

「去年までは何事も無かったのに、今年になって突然花粉症が始まった!」おそらく全ての花粉症の人がこのように思ってきたはずです。

 

人によって発症の年齢は様々、徐々に症状が悪化するのではなく「ある日突然ひどい症状が始まってしまう」のはなぜなのでしょうか?

 

発症のメカニズム

花粉症の発症イメージよく使われるのがバケツの例。バケツは体質や体内の免疫機能を表し、ここにどんなに原因物質(花粉)が注がれても、“あふれないうちは”なんの症状も現れません。

 

しかしあふれてしまっては最後!花粉を吸い込めば吸い込むだけ、止めどなく花粉症の症状が出てしまうのです。

 

バケツの容量も人によって様々です。同じ年齢、同じ環境、同じだけの花粉をあびていても同じように花粉症を発症するとは限りません。

 

花粉症の予防

もちろん花粉をできるだけ吸わないようにするのが花粉症予防の第一歩ですが、その他にも

 

・元々のアレルギー体質

・ストレスなど後天的な原因での体質

・生活習慣

 

などが大きく関係していると言われています。

 

今や国民病と言っても過言ではない花粉症。「私には関係ない…」と思っていた人もある日突然花粉症が始まってしまうかもしれません。

 

発症する前から花粉症の知識を貯えることも重要ですね。 

(Photo by: //www.ac-illust.com/)

著者: きういさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

体の免疫反応が過剰に反応してしまう?!花粉症になりやすい人は花粉対策を!

花粉症はスギ花粉だけでなく、ブタクサなどのイネ科植物、りんごの花粉などさまざま...

鼻がムズムズ…花粉症の主な症状と花粉症と間違いやすい疾患にはどんなものがあるの?

   花粉症はスギ花粉以外にもあり、最近問題となりつつあるのはブタクサなどのキク...


東洋医学で考える花粉症

    ここではちょっと別の視点から花粉症を考えてみましょう。 東洋医学で...

ブタクサ花粉症は喘息の原因になる!?喘息を引き起こす理由は○○だった!?

夏の暑さからも解放され、過ごしやすい季節になった秋には、レジャーなどに出かける...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る