カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 基礎知識 >
  5. あなたのペットは大丈夫?花粉症を発症する動物たち

アレルギー

あなたのペットは大丈夫?花粉症を発症する動物たち

 

花粉症は人間にだけ起こるものではありません。

近年ではの発症例が確認され、その数は急増していると言われています。

もちろんペットの犬や猫達も例外ではありません。

 

<ペット花粉症の特徴>

 

・皮膚が赤くなったり、かゆがったりする

・人間と同じようにくしゃみや鼻水、なみだ目が表れるものもいる(この症状がなく、皮膚疾患だけの場合もある)

・スギ花粉よりもブタクサ系統の雑草が原因の場合が多い

→そのため、ペット花粉症のピークは5〜8月であることが多い

 

人間とは異なり皮膚疾患が多いのがペット花粉症の特徴ですが、これらはノミやダニの被害と似ているので注意が必要です。

ノミやダニと違うのは目や口の周りなど、粘膜の近くを特にかゆがることです。

 

<ペット花粉症対策>

 

・花粉が多量に飛散する早朝の散歩を避ける(10時以降が望ましい)

・花粉が皮膚に付着しないように外出着を着せる

・家に戻ったら濡れたタオルで体を拭き、シャンプーも普段よりこまめにするようにする

・ストレスをためないように、短時間でも毎日遊んであげる

 

 

ペット達は自分で症状を正確に伝えることはできません。

しっかりと予防と観察をして、疑わしい場合にはすぐ獣医にかかるようにしましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/11/25-373386.php)

著者: きういさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

ブタクサ花粉症は喘息の原因になる!?喘息を引き起こす理由は○○だった!?

夏の暑さからも解放され、過ごしやすい季節になった秋には、レジャーなどに出かける...

花粉症と共通する果物のアレルゲン!花粉症よりも重い症状になる場合もあるので危険です

   春は花粉症がつらいという方もいると思いますが、秋の植物の花粉症だという方も...


秋においしい果物♪でも花粉症を持っている人は、果物でアレルギーを起こる可能性が…

  野菜や果物がおいしい秋ですが、花粉症を持っている人は、ちょっと注意してくだ...

体の免疫反応が過剰に反応してしまう?!花粉症になりやすい人は花粉対策を!

花粉症はスギ花粉だけでなく、ブタクサなどのイネ科植物、りんごの花粉などさまざま...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る