カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 海外旅行準備 >
  4. 感染注意!ほんとうに怖い生野菜・生魚・生肉

健康診断・健康管理

感染注意!ほんとうに怖い生野菜・生魚・生肉

生肉

 

 

汚染された水で洗われた生野菜も危険ですが、もっと怖いのが寄生虫の存在です。生野菜・生魚・生肉には寄生虫の温床となっているものもあります。

 

これはひとえに、衛生管理の概念が日本とはかけ離れているから起こること。火を通してあれば、多少の被害は免れますが、「生」となると、その被害は甚大。

 

お腹の中で虫を飼うはめになりかねません。

 

▶生の食材からうつる感染症&寄生虫

 

感染源となる食材を口にしたために、引き起こされる疾患には以下のようなものがあります。

 

・コレラ
潜伏期間(1〜5日間)/初期症状(下痢)
・細菌性赤痢
潜伏期間(1〜5日間)/初期症状(下痢・発熱)
・腸チフス
潜伏期間(7~14日間)/初期症状(下痢・腹痛・発熱)
・パラチフス
潜伏期間(7~14日間)/初期症状(下痢・除脈・発熱)
・大腸菌下痢症
潜伏期間(7~14日間)/初期症状(下痢・除脈・発熱)
・サルモネラ症
潜伏期間(半日〜4日間)/初期症状(下痢)
・カンピロバクター症
潜伏期間(2~7日間)/初期症状(下痢・腹痛)
・アメーバ赤痢
潜伏期間(2〜4週間)/初期症状(下痢・血便)
・ジアルジア症
潜伏期間(1〜2週間)/初期症状(下痢)
・条虫症
潜伏期間(なし)/排出されてから気づくことがほとんど。
・A型肝炎
潜伏期間(15〜50日間)/初期症状(黄疸・嘔吐)
・E型肝炎
潜伏期間(40日間)/初期症状(黄疸・嘔吐)

 

初期症状はみんな風邪に似ているので、海外で感染したものだということになかなか気づけないケースが多いようです。「ただの風邪」だと思い放っておくと、他の人に移してしまうことにもなりかねません。

 

海外に行った後になんだか体調がおかしいな?と感じたらすぐに医療機関を受診しましょう。

ただし、医療機関を訪れる際は事前に連絡を。
病院には免疫力の低下した患者さんがたくさんいらっしゃいます。

 

症状と海外にいたことを伝え、病院の方針にしたがって診察を受けることが大事です。他の患者さんに感染させてしまって二次被害が発生する…なんてことになったら大変ですからね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/07/08-348249.php])

著者: 健康第一さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

海外旅行準備に関する記事

熱帯地域に旅行する方は要注意!感染症の原因?蚊には気をつけて!

    アフリカやアジア、アメリカ大陸の熱帯地域では蚊を媒介としたリンパ系フ...

アジアの旅行で気を付けたい感染症!感染症と事前に打てる予防接種まとめ

海外には私たち日本人が知らない感染症が蔓延しているところも少なくありません。...


海外産の蜂蜜には注意を!中毒症状を起こす『マッドハニー病』

  海外旅行の際に気をつけたい『マッドハニー病』とは?   冬休みを機...

海外旅行中に病院利用は大変!保険に未加入はハイリスク!覚えておこう!

  日本では国民が健康保険などに加入し、3割負担などで実際にかかる金額が少...

カラダノートひろば

海外旅行準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る