カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. その他 >
  5. 3D酔いしやすいゲームって?

気になる病気・症状

3D酔いしやすいゲームって?

 

3D酔いというと、ゲームの技術が進歩したことによって起こす人が増えてきました。

その中でも特に3D酔いを起こしやすいゲームがあります。

 

それはFPSというジャンルのゲームです。

 

FPSって?

FPSとはFirst Person shooterの略で、主人公の一人称視点でゲーム空間内を動きまわり目的を達成するゲームです。

リアリティを追求して作られていて、コンピューターの技術が進歩するに伴ってFPSのリアル感もますます増していきました。

 

FPSと現実との違い

FPSでは主人公視点でゲームが進められていくので、実際に自分が走ったりしゃがんだりしたように画面が移り変わります。

ですが、実際にゲームをプレイしている本人はゲームの主人公と同じ動作をしている訳ではありません。

 

走っても脚は動かず頭部も揺れません。しゃがんでも脚が急激に曲がることも無ければ地面の抵抗を感じることもありません。

 

つまり、ゲームをしている本人の身体の状態と主人公の視点(ゲームプレイヤー自身への視覚情報)の間にはズレが生じます。

 

3D酔いの発生

こうしたズレが何度も蓄積されることによって、脳が混乱をきたし3D酔いを起こし嘔吐気持ち悪さを引き起こします。

 

まとめ

ゲームが進化してリアルになればなるほど操作性も難しくなってきました。FPSではプレイヤーを上手く動かせないと画面が目まぐるしく変わることになります。

ゲームの主人公が滑らかに動いてくれれば画面の動きもある程度予測が出来るので、脳の混乱は少なくて済みます。

少しずつ慣れていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/02/25-004137.php)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

慣れるのが一番の薬? ~3D酔い~

  眼から送られてくる視覚的な情報と、身体の感じる感覚情報とにズレが生じる...

せっかくの3D映画が台無し?3D酔いを克服する簡単なゲームを紹介

  3D酔いは脳が予測する動きと異なる動きが視界に入ったときに起こりやすいとい...


酔いの段階を飛ばしてしまうアルコール中毒!

  急性アルコール中毒などによる死亡事故は、毎年報告されています。 楽しいは...

3D酔いって、防げる?

  3D酔いって? テレビゲームで、特にシューティングゲームは、進行と自分の...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る