カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 酔い >
  4. その他 >
  5. 3D酔いをやっつける為のトレーニング!

気になる病気・症状

3D酔いをやっつける為のトレーニング!

 

 

せっかくゲームを買ったのにプレイするたびに3D酔いして気持ち悪くなる、それではゲームを十分に楽しめないですよね?

それで3D酔いを防いでゲームを12分に楽しむためのトレーニング方法を提案します。

 

ゲームの視点とコントローラーを連動させる

3D酔いの原因の一つに、思った通りに動かせないので画面の変化の予測が出来ずに酔ってしまう、ということがあります。

乗り物酔いでも運転をしているドライバーは動きの予測(カーブや地面の凸凹)が出来るために同乗者に比べて酔いにくいです。

 

まずはゲームの主人公を動かす際にゲームスティックを意識しないで動かせるようになるまでは、視点操作の感度は最小にし、難易度設定を易しくし、少しずつ慣れていきましょう。

 

画面とのズレを減らす

慣れていないうちはつい集中しすぎて視界が画面だけになってしまうものです。

そうすると実際の動きの感覚と視覚情報にズレがおきて酔いやすくなります。

 

画面とのズレを減らすために、視点が画面に対してやや下の方に向くようにし、テレビから離れ集中して見過ぎないように視点を変更しましょう。

 

 

脳を慣らす

三半規管自体は鍛えられないと言われていますが、それらから伝わってくる情報を統合する脳は鍛える(学習する)事が出来ます

平衡感覚、身体感覚、視覚の統合がゲームでも出来るようになれば酔いは少なくなります。

 

まとめ

ゲームでの3D酔いはトレーニングすることによってある程度抑えることができます。

無理のない範囲でトレーニングをして楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2007/09/20-003167.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

3D酔いしやすいゲームって?

  3D酔いというと、ゲームの技術が進歩したことによって起こす人が増えてき...

3D酔いと乗り物酔いの類似点。

    ゲームや映画で起こる3D酔いと、ドライブや船によって起こる乗り物酔い...


3D酔いって、防げる?

  3D酔いって? テレビゲームで、特にシューティングゲームは、進行と自分の...

食道がんになりやすい!お酒を飲んで赤くなる人は要注意!

お酒を飲んで顔が赤くなる人は、お酒が弱い体質だと知っていますか? お酒が原...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る