カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. その他 >
  4. リハビリテーションって何?

介護・認知症

リハビリテーションって何?

リハビリという言葉を一度は聞いたことが有ると思います。

 

ではリハビリとは一体どういった人たちに対してするのでしょうか?またその意味は何でしょうか?

 

リハビリの定義

リハビリとは、障害を受けた人に対して肉体的・社会的・精神的に援助を与え、人間らしく生活し社会に対応できるように社会復帰への援助をすることです。

 

リハビリの位置づけ

以前はリハビリと言うと、後療法と言われ治療の後に行うものだとされてきました。しかし、高齢者が増え慢性疾患の増加によって、リハビリは医療と同時に行わなければならなくなってきました。

 

また、リハビリ医学が進歩することによって、廃用症候群という長期の臥床や安静によって起こる合併症などの存在が明らかになってきました。早期に離床することの重要性や、早期からのリハビリが有効であることが証明されてきたのです。

 

リハビリテーション医学とは

身体の運動面の障害を中心として、それに関係の深い運動障害・言語障害・呼吸障害・循環障害・高次脳機能障害などを対象としています。

 

リハビリの方法

理学療法や作業療法、言語聴覚療法、装具療法に加え、リハビリテーション看護やソーシャルワークなどの社会的援助も行います。

 

怪我や病気をした人が治った後に動けるようにするといったイメージの強かったリハビリテーションですが、実はこんなにも幅広いサポートをしています。

 

また治療での長期臥床や、安静からくる二次的障害を予防する意味合いも持っているなど、高齢化社会を迎えた日本ではますます重要な医学になります。

(Photo by://www.ashinari.com/ )

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

介護不要の『アクティブシニア』に対する生活支援サービスとは?

      介護保険に関する改正はこの10年で大きく飛躍している   ...

手術で認知症や歩行障害を改善!特発性正常圧水頭症の手術とは?

手術によって認知症や歩行障害は改善できる! 特発性正常圧水頭症のシャント手...


履きやすい靴を履こう!機能と用途で選ぶ介護靴

  歩行の変化や障害、病気で今までの靴が履けない高齢者には、介護靴(介護シ...

老人性紫斑予防は皮膚の健康から!~しっかり摂りたい栄養素~

  高齢者の皮膚に起こる老人性紫斑は加齢で起こる症状のため、治療よりも予防...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る