カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 足関節ねんざのリハビリ

気になる病気・症状

足関節ねんざのリハビリ

 

 

足首をひねってしまった経験は誰にでもあると思います。

ですが、実はその治療法を間違っている人は沢山いてます。

足首の痛みが取れたらそれでOKだと思ってませんでしたか?

 

捻挫になったら

まずはRICEの法則に従って、冷やして安静にしましょう。足首をひねっただけだと思っていたら骨折していた、靭帯が切れていた、という事もあるので念のために病院で診てもらいましょう。

 

早期リハビリテーション

痛みが取れて腫れが引くまでは安静が鉄則!と以前は言われていましたが、最近の研究では負荷のあまりかからない軽い運動を痛みの引かない早期のうちから始めた方が早く治ると言う研究結果も出ています。

 

なかなか治らない

リハビリの為の軽い負荷なら良いのですが、過度の運動や体重をかける動作はいつまでたっても治らなくさせてしまいます。

特に利き足の捻挫は要注意です。

軸足と違って多少の痛みは誤魔化しながら動けるので、治りかけては再発してを繰り返していつまで経っても治らないと言う方も居てます。

 

神経も傷ついてます

人間はバランスを取る時に三半規管などの感覚器官や視覚からだけでなく、筋肉からの情報も必要です。

でこぼこ道や傾いた道路でもこけないのは、足から伝わってくる情報のおかげです。

が、捻挫をするとこの神経の働きが悪くなり、身体のバランス能力が落ちてしまいます。

 

硬くなっても真っすぐ立ってる?

一度靭帯が伸びてしまうと元には戻らないために同じ方向にばかり可動性が増します。そうするともう一方は硬くなりますし、それを支える筋肉も硬くなります。

かと言って傾いたままではコケてしまうので、骨盤や背骨、肩などを少し傾けて全身でバランスを取ることになります。

 

まとめ

痛みがとれたから捻挫は治ったんだと思っていても、全身の各所が少しづつ歪んで足首の歪みをカバーしているだけかもしれません。

将来的に腰痛や膝痛を起こす原因にもなるので、痛みが取れた後のリハビリも行いましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/07/31-348682.php)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

ちょっとした痛みでも放置厳禁!「捻挫」は病院に行くべき?!

日常で起きやすい、けがのひとつが「捻挫」ですね。   捻挫は、足をひねっ...

こむら返りをきたす内科疾患とは?

    内科的疾患で、まれではありますが、「こむら返り」が症状として現れるこ...


スポーツをしている方は注意して!恐ろしいアキレス腱断裂

  スポーツは、激しいものであるほどケガの危険を伴います。擦り傷やねんざなどと...

足がつった!!こむら返りの症状などの基礎知識

  ここではこむら返りの、基本的なことについてまとめてみました。原因などを理解し...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る