カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. その他 >
  6. お腹いっぱい食べるその前に!食べ合わせを工夫してお手軽ダイエット

美容・ダイエット

お腹いっぱい食べるその前に!食べ合わせを工夫してお手軽ダイエット

 

 

今よりもっと細くなりたいけど、食べるのを我慢するのは嫌だ、そう思ってる女性は多いですよね。

最近では、メタボリックシンドロームが話題になるなど太り過ぎは健康に良くないので、男性にもダイエットが注目されるようになってきました。

 

栄養はそれだけでは使えない

食べ物は、脂肪を摂取したから身体に脂肪が溜まって、たんぱく質は筋肉に、糖質を食べたからエネルギーとして消費される、という訳ではありません。

これらが分解されてエネルギーとして使われるのか、脂肪として蓄積されるのかはビタミンB群の働きにかかっています。

 

ビタミンBのパワー

脂肪だけでなく、糖質もたんぱく質もエネルギーとして代謝されなかったり筋肉に作り替えられなかった場合は、いざという時の貯蔵として脂肪になって蓄積されます。

そして、これらをエネルギーとして代謝するためにはビタミンBが必要です。ビタミンBが働いて初めてエネルギー源として代謝されたり筋肉になってくれる訳です。

 

ビタミンBを多く含む食品

お肉なら豚肉やレバーカツオや鰻、野菜ではもやしや豆類、玄米などに沢山含まれています。

ビタミンBは水溶性なので、野菜を洗う時には気をつけましょう。

また熱にも弱いので、火の通し過ぎにも注意が必要です。

 

水溶性のビタミンは一度に沢山取っても不必要な分は出ていってしまいます。出来るだけこまめに毎回ビタミンBを摂れるような

食生活を心掛けましょう。

 

まとめ

ビタミンBを取ったからといってすぐに代謝される訳ではありません。

運動と組み合わせることが脂肪燃焼には最も効果的です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/10/07-371608.php?category=5)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

「食べ物」と「脂肪がつく位置」の関係が判明!上半身の脂肪を気にしている人必見!

食べ物と太る場所の関係を知りたくないですか?「食べたら太る」「食べすぎたら太...

乳酸菌がダイエットを助けるワケとは?発酵食品を食べて乳酸菌を摂ろう

ダイエットというと、食事制限や激しい運動などを思い浮かべる人も多いでしょう。 ...


炭水化物の多い食品ってなに?医療の本に載っているGI値の高い食品

    今回は医療の本に載っているGI値についてまとめました。大豆やピーナッ...

だからそこに脂肪がついたのか!「食べ物」と「下半身の脂肪がつく位置」の関係

下半身の脂肪はどうしていなくならないのか…。頑張ってもなかなか下半身痩せがで...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る