カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 花粉症 >
  4. 対策法 >
  5. 全般 >
  6. つらい鼻づまりの仕組みと対策

アレルギー

つらい鼻づまりの仕組みと対策

 

花粉症で出る鼻水は、風邪の時などのものと比べてサラサラとして止めどないのが特徴。

それなのに鼻づまりも一緒に起こるのはちょっと不思議じゃありませんか?

 

まず、意外と知らない鼻づまりのメカニズムを見ていきましょう!

 

花粉症でくしゃみや鼻水を起こさせるのはヒスタミンという物質。

一方で鼻づまりを起こさせるのは、ロイコトリエンという物質です。

 

このロイコトリエンの働きで粘膜の炎症血管の拡張が起こり、その腫れで空気の通り道が塞がれてしまい、結果鼻がつまってしまうのです。

 

ロイコトリエンはヒスタミンよりも格段に働きが活発で、そのため鼻づまりは長時間続き、また花粉の吸い込む量や期間に比例して長くなるので人によっては1日中鼻づまりの症状が続くわけです。

 

つらい鼻づまりですが、日常のちょっとした工夫で症状を和らげることができます

 

・迎香のツボ

→小鼻の脇の少しへこんでいる部分に指をあて、そのまま小さくぐるぐると回して刺激する

 

・鼻を温める

→お風呂にゆっくり浸かったり、蒸しタオルをあてる

 

・横向きに寝る

わきの下を圧迫して刺激することで交感神経が刺激され、圧迫したわきの反対側の鼻の穴の血管が収縮し、その側の鼻づまりが緩和されると言われています。鼻が詰まって寝られないという人におすすめです。

起床時でもわきの下にペットボトルなどを挟んで同じような効果を得ることも出来ます。

 

 

 

 

(Photo by: //www.ac-illust.com/main/detail.php?id=33598)

著者: くーちゃんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

全般に関する記事

「鼻うがい」はやり方をまちがえると、中耳炎や脳炎の可能性がある?!

花粉症や蓄膿症による鼻づまりは不快感の元になると同時に、細菌が含まれているた...

今日からあなたも快眠生活!睡眠の前後に気をつけたいポイント

  日中の花粉対策は万全! という方も多いかと思いますが、就寝前後にも花粉...


もしかして私花粉症?と思ったら0花粉症の検査法とは0

    どうやら花粉症っぽいけど、市販の薬もたくさんあるし、わざわざ病院にい...

花粉症の方必見!花粉を家に持ち込まない方法まとめ

外ではマスクでしっかり予防していても、家の中に花粉が持ち込まれてしまったら、意...

カラダノートひろば

全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る