カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

白血病とは血液の癌化

 

白血病とは非常に危険な病名であることは誰もが知る常識でしょう。
血液中の
白血球が異常に増殖してしまう病気ですが、それがどのような原因でどうしてそうなるのかご存じでしょうか。
白血病とは一口で言ってしまえば
「血液の癌」です。
血液を作る
造血細胞が癌化、つまりは遺伝子変異を起こしてしまうことによって白血病となります。

造血細胞が癌化してしまうことで
白血病細胞となってしまい、それでも血液を作ることは生命活動が行われている限り自律的に行われてしまいます。
増血が行われるのが
骨髄であり、白血病細胞はそこで増殖し、血液中にあふれ出て血液疾患となってしまいます。

血液の癌化による白血病


1.造血細胞が遺伝子異常を起こし癌化
2.癌化した造血細胞は白血病細胞となり骨髄で増殖する
3.増殖した白血病細胞が骨髄から
血液中にあふれ血液疾患を引き起


●造血が阻害されてしまい、正常な血液細胞がへり、
感染症や貧血、出血症状が出る。

■白血病は血液中の白血球の量が多くなるなどと言う説明では危険性が良く理解できない場合があり、「血液の癌」と聞くのよりその高い危険性が理解できるのではないでしょうか。
造血細胞とは言え、
癌化してしまうことは生命に直結する病気であり、治療も非常に困難と言わざるを得ません。

白血病の治療は、やはり
抗がん剤を中心とした化学療法が主となります。
また、造血が阻害されてしまうため、輸血や感染症対策など支持療法も必要となるのです。

 


((Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/1118?title=%E9%AD%9A&c_id=3

 

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

白血病に関する記事

白血病の治療法としても期待!ペプチドワクチン療法

     「樹状細胞ワクチン療法」の難点を持たない「ペプチドワクチン療法」とは?...

慢性白血病とは

  「急性白血病」という病気は、耳にする機会も多いと思います。 急性があ...


白血病治療法の将来

  ■白血病を治療すると言うことは、現在、癌化によって発生した白血病細胞を全て...

白血病になる血液の遺伝子異常の原因

  ■白血病になるのは、血液を作る造血細胞が遺伝子異常を起こして癌化してしまう...

カラダノートひろば

白血病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る