カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

白血病治療法の将来

 

白血病を治療すると言うことは、現在、癌化によって発生した白血病細胞を全て排除するという方向性で一致しています。


白血病の原因は
増殖した白血病細胞であり、これを駆逐すれば白血病を治すことができるという考え方です。
たしかにそれは正しいのですが、それ故に治療を難しいものにしている側面もあります。

白血病細胞と言っても、ただの
白血病細胞白血病幹細胞とがあり、白血病幹細胞があるから白血病細胞の増殖が行われていると言うことが最近の研究で判明しています。


つまり、この
白血病幹細胞さえ殺せば、その他のただの白血病細胞は放っておいても白血病治療は完了すると言うことです。

■白血病治療法の推移


1.従来の白血病治療法「分化誘導療法
●白血病細胞を
白血病幹細胞も含めて強制的に分化し、白血病細胞としての性質を取り去り、無害化する。


2.白血病幹細胞に的を絞った治療法
白血病幹細胞を取り除けば、残された白血病細胞は有限の増殖しかできません。


●しかし、
現代の技術では白血病幹細胞を特定して取り除くことは難しいのです

■現在の医療技術では難しい治療法ではありますが、
白血病幹細胞に的を絞った治療法は、これまでの難治の白血病治療革新的に変えることが期待されます。

ただの細胞も幹細胞もまとめて扱っている現在の療法が非常に手間がかかるものであり、抗がん剤なども大量に必要とすることが、治療を難しくしているのです。
白血病の新しい治療法が確立すれば、白血病で命を失う人が劇的に少なくなることが確かです。

 

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/5510)

 

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

白血病に関する記事

白血病になる血液の遺伝子異常の原因

  ■白血病になるのは、血液を作る造血細胞が遺伝子異常を起こして癌化してしまう...

白血病によい食事

急性白血病に慢性白血病、どちらも骨髄で血球の増殖がコントロールを失った状態です...


白血病の怖さ:慢性白血病と急性白血病

  急性白血病に慢性白血病。 共に、造血細胞の異常増殖が原因である病気で...

放射線と白血病の関係

  1945年、広島と長崎に原子爆弾が落とされました。 直後の熱線や、爆...

カラダノートひろば

白血病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る