カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. トラブル >
  6. 子宮がひっくり返る!?子宮内反症

妊娠・出産

子宮がひっくり返る!?子宮内反症

 

靴下を脱いだ時、裏と表がひっくり返っていることがありますよね。

出産後、子宮がそんな状態になっているとしたら、驚きませんか!?

 

子宮内反症とは?

分娩後に子宮体部(袋状の部分)が内側に反転し、子宮頸管や膣まで出てきた状態です。

非常に珍しい状態ですが、診断・治療が遅れると大量出血・ショックのためお母さんが死に至る可能性があります。

 

<子宮圧痕もしくは子宮陥凹>

子宮の底が少しだけ凹んだ状態。

 

<不全子宮内反症>

出てきた子宮体部が子宮頸部でとどまっているもの。

 

<完全子宮内反症>

ない側が子宮が膣まで出てきたもの。

 

原因は?

 

胎盤は自然に膣から出てくるものですが、自然に出てこない時に臍帯を軽く引っ張って促します。

胎盤が子宮からきちんと剥離する前に引っ張ってしまうと、子宮が一緒に引っ張られてしまい、子宮内反症が発生します。

 

症状は?

 

正常に子宮が収縮せず、大出血になります。

重症では腹部の激痛とそれに伴うショック状態、出血によるショック状態になります。

 

治療は?

 

・非観血的用手整復術

人の手を使って治す方法です。

子宮が収縮すると手が入らなくなってしまうので、子宮収縮抑制の薬を投与します。

軽度の子宮陥凹であれば、指を使って押し上げます

しかし、子宮内反症とまでなると、整復による痛みやショックを防ぐため、全身麻酔をして整復します。

数日後に内反が再発することもあるので、数日間は厳重な観察が必要です。

 

・観血的整復術

開腹手術を行い、直接裏返った子宮を元に戻します。

 

・子宮全摘術

上記のどちらでも整復できない場合、あるいは子宮が結構なダメージを受けているときは子宮を取る手術を行います。

 

診断・治療が遅れると大量出血・ショックのためお母さんが死に至る可能性があるので、気をつけましょう。

 

 

(photo by //www.ashinari.com/2013/01/25-375606.php)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

出産時に新生児が受ける損傷「分娩損傷」ってなに?<首・四肢・内臓編>

 神経を司る頭・脊髄の障害以外の分娩損傷についてご紹介します。実際に赤ちゃん...

赤ちゃんへのリスクになる分娩損傷

 出産とはお母さんだけでなく、赤ちゃんにもリスクを伴うものだというのはご存知...

トラブルの体験談

骨盤の歪みが原因??スムーズにお産が進まない…

妊娠中の母親参観で助産師さんに教えて頂いたことなのですが、出産のとき赤ちゃんがお母さんの骨盤を通ると...

恐怖の会陰切開!他の痛みが強く、あまり痛くない?

みなさん会陰切開はしましたか?? 私の衝撃だった会陰切開の体験談です(笑)できれば切りたくないもの...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る