カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. おでかけ >
  4. 4~7ヵ月 >
  5. 抱っこひも 何を基準に選ぶ?

育児・子供の病気

抱っこひも 何を基準に選ぶ?

抱っこひもはバスでの移動、雨の日の移動にとても便利です。

また、お母さんと赤ちゃんが密着するので、赤ちゃんが安心できます。

 抱っこひもをいくつか持っているという人がいますが、目的別に必要なのでしょうか?

自分の体、必要な機能がそろっていれば、抱っこひもは一つで十分です。

 

抱っこひもを選ぶときのポイント

 

・デザイン

服と同じ感覚で選べるオシャレな抱っこひもが増えています。

普段よく着る服の色を考えて選ぶのもよいでしょう。

 

・装着方法

一人で装着できるかがとても重要なポイントです。

外出時の脱装着が便利だと使い勝手がよいです。

 

・使用できる月齢

首がすわていない時期から使えるものだと、お母さんの用事でお出かけする時にも便利です。

 

・腰への負担

赤ちゃんの体重はどんどん増えていきます。

抱っこひもをしながら用事をすれば用事ははかどるかもしれませんが、腰への負担は増えていきます。

腰に負担がかかりにくいつくりのものを選びましょう。

 

・何パターンの抱き方ができるか

いろいろな抱き方ができれば、使える期間も長く、赤ちゃんの視界を変えてあげることができます。

また、抱き方によってお母さんができる用事や体への負担も異なります。

 

・通気性

赤ちゃんは汗をかきやすいので、熱がこもらず通気性がよいものがよいです。

 

・コンパクトになるか

特にベビーカーと抱っこひもを併用して使う時に、たたんだときにコンパクトになるものがよいでしょう。

 

・赤ちゃんが寝てしまった時

首がすわった赤ちゃんでも就寝中は首が安定しません。

就寝中の赤ちゃんの頭がぐらつかないように安定させる、おやすみ用のカバーがついているものもおすすめです。

 

・安全性

赤ちゃんへの安全を一番に考えなければいけません。

物を落としたときに前かがみになる場合もあります。

いろいろなシチュエーションを想定して選びましょう。

 

オシャレな海外モデルの抱っこひもが人気ですが、海外モデルはつくりが大きく小柄な赤ちゃんやお母さんには適さない場合もあります。

 

抱っこひもは実物を試しに装着してから購入するようにしましょう。

 

(photo by [//free-photo.gatag.net/2010/06/03/010000.html])

著者: cocoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

4~7ヵ月に関する記事

お出かけした後はしっかり手洗いを♪子どもに教えたい!正しい手洗いの仕方

日常生活の中でもっともよく使われている体の一部分といえば、「手」。そんな「手」...

冬の育児、赤ちゃんの服装はどうすればいいの?

    寒い冬は、赤ちゃんにとって風邪やインフルエンザの危険もあるので、親心...

4~7ヵ月の体験談

ドキドキ!初めての児童館!

息子が3、4ヶ月検診を終え、どうやってお友達を作ろうかと思っていた時、保健師さんからもらった手紙の中...

お出かけ時の持ち物

赤ちゃんとのお出かけは大荷物になってしまいますよね。近所で短い時間ならそれほどいりませんが、都合で遠...

カラダノートひろば

4~7ヵ月の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る