カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. スイーツ・間食 >
  6. どうしてもおやつがやめられないなら食べましょう

美容・ダイエット

どうしてもおやつがやめられないなら食べましょう

 

ダイエット中におやつがやめられれば一番良いですが、おやつをやめたらかえってストレスが溜まってダイエットが成功しなかった。という人もいるのではないでしょうか。

 

今まで習慣づいていたものをやめるには根気がいりますし、ストレスも溜まります。

 

おやつがやめられないのであれば、太らない食べ方をしましょう☆

 

おやつを食べても太らない食べ方

 

・おやつの時間は午前中

 

おやつはこれから活動する午前中に食べるようにしましょう。

3時のおやつをやめて10時のおやつにしましょう。

どうしても午後に食べたい場合は、遅くても3時まで決めましょう。

夜に食べたものは体脂肪になりやすいです。

 

・袋から直接食べるのをやめる

 

お菓子を食べる前に量をきめてお皿にいれましょう。

ダラダラ食いは危険です。

 

・洋菓子より和菓子を食べる

洋菓子はバターなどの乳脂肪がたくさん使われています。

できるだけ洋菓子を避け、和菓子を食べるようにしましょう。

 

ケーキなどの生クリームたっぷりのものお菓子を食べたい場合は、朝ご飯に食べましょう。

 

・揚げ物を食べる日と甘いものを食べる日を分ける

 

揚げ物+スイーツは危険な組み合わせで、体脂肪になりやすいのです。

揚げ物を食べた日はお菓子を我慢しましょう。

お菓子を優先する場合は揚げ物を違う日に食べましょう。

 

・お菓子を食べすぎたら、食事を減らす

 

お菓子食べ過ぎてしまったら、次の食べる食事を減らしましょう。

特に、炭水化物を減らすと効果的です。

 

上記のことに気をつけるだけで、お菓子を食べても太りにくくなります。

せっかくの美味しいお菓子を食べるなら、太る心配なしに食べた方が美味しいに決まっています。

その日の食事とのバランスを考えて上手にお菓子を食べましょう。

 

 

 

 

(photo by [//free-photo.gatag.net/2011/02/26/070000.html])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

スイーツ・間食に関する記事

ダイエット中のおやつにおつまみはいかが?「するめ」の効果とは??

お酒のおつまみとして知られている「するめ」。テレビで、小腹が空いたらするめを食べ...

低カロリーアイスクリームの秘密とは?

ダイエット中でも、食事の合間にお菓子はやっぱり食べたくなるもの。 だからとい...


女性の悩みは全て解決可能!?悩み別におすすめのドライフルーツを見てみよう

有名女優やセレブ、モデルなどもおやつ代わりにしていると言われるのが、ドライフル...

甘いものを我慢するコツ

 ダイエットの時、甘いものを我慢するのは当たり前です。ですが甘いものが好きな人は...

カラダノートひろば

スイーツ・間食の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る