カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 分娩 >
  5. 異常分娩ってどんなもの?

妊娠・出産

異常分娩ってどんなもの?

 

大切な赤ちゃんが出来たとき、ご両親が望むのは無事に生まれてくること・・・

しかし、様々な理由で分娩が正常に行えないことも多々あるのが現状です。

では、そもそも異常な状態って、なんでしょうか。

 

異常分娩とは?

 

簡単に言うと、「正常から逸脱した分娩」のことです。

分娩では、娩出力(赤ちゃんを出す力)、産道、胎児と付属物3つの要素が大切です。

 

異常な場合も、このどこかの部分に問題が生じているため、正常を逸脱してしまいます。

異常分娩には難産だけでなく、分娩後のお母さんの損傷なども入ります。

 

異常分娩の種類とは?

 

<難産の原因>

・微弱陣痛、過強陣痛
・児頭骨盤不均衡(CPD
・軟産道強靭症
・胎位異常
・多胎分娩
・胎児ジストレス(旧胎児仮死)
・臍帯巻絡、臍帯下垂、臍帯脱出
・前期破水

 

<お母さんの合併症>

・癒着胎盤
・分娩時母体損傷
・子宮弛緩出血
・頚管裂傷
・子宮内反
・羊水塞栓
HELLP症候群、急性妊娠脂肪肝

 

<分娩法の異常>

・誘発分娩、促進分娩
・骨盤位分娩
・吸引分娩
・鉗子分娩
・帝王切開術

 

これだけたくさんの異常分娩があるって、ご存知でしたか?

それぞれに原因がありますが、その中には妊娠中にきちんと健康管理をすることでリスクを下げることが出来るものもあります。

大切なのは、赤ちゃんのために、そして自分のためにも医師・助産師のアドバイスをしっかり聞いて、健康な状態で産めるようにすることです。

 

 

 

(photo by //www.ashinari.com/2010/04/25-036108.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

分娩に関する記事

調和や安定の取れた精神状態で出産!ソフロロジー式分娩とは

   ソフロロジー(Sophrology)という単語を構成するsosは「安定、...

こんなにあるの?!出産と分娩方法の種類

  一昔前までは、「経腟分娩(普通分娩)」と母体や胎児に危険性がある場合の「帝...

出産の体験談

産院、病院選び!

現在2人目妊娠中の15wママです! 1人目出産の時は、出産の事をそこまで徹底的に調べることもな...

1人目と2人目で大きく違った出産劇

2014年 長女の出産時は41w3dの誘発入院2日前の深夜1時におしるしと同時に自然に陣痛が始まり明...

カラダノートひろば

分娩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る