カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 経産婦が感じる「陣痛が来ない?」これって微弱陣痛?分娩時間が長くならないために陣痛を強める方法

妊娠・出産

経産婦が感じる「陣痛が来ない?」これって微弱陣痛?分娩時間が長くならないために陣痛を強める方法

出産を経験したことがある方もない方も、「出産=陣痛が痛い」というイメージはあるかと思います。

ですが、陣痛は赤ちゃんを産むためには欠かせないものです。

 

しかし、この陣痛が弱い方がいます。

これはどんな異常につながるのでしょうか?

 

微弱陣痛とは?

分娩が開始した後、何らかの理由により陣痛が弱く(微弱で)、発作の持続時間が短く、陣痛周期が長く、分娩が順調に進行しないことを微弱陣痛といいます。

微弱陣痛は、娩出力に異常があるタイプの異常分娩となります。

 

微弱陣痛の原因は?

微弱陣痛は、子宮の収縮力が弱いことが原因で起こるものと考えられています。

以下のように、子宮の収縮が弱くなる原因はいくつかあります。

 

・羊水過多などで子宮が通常よりも引き延ばされている場合

・骨盤位や横位などで子宮の頸部への圧迫刺激が少ない場合

・お母さんの栄養不良

・お母さんの不眠

・お母さんの全身衰弱

 

また、実際には原因がわからないことの方が多いものです。

 

微弱陣痛の場合は、どうやって出産する?

陣痛が弱いと分娩時間が長くなってしまいます。

分娩時間が長くなると、さらに陣痛が弱くなるという悪循環を引き起こしてしまいます。

 

・破水していない分娩第1期

十分な睡眠と栄養をとり、疲労回復を目指します。

また、膀胱や直腸に尿や便がたまっていると分娩の妨げになります。

ですので、できるだけトイレに行き、膀胱や直腸を空にしておく必要があります。

 

・分娩第2期

分娩第2期が近づき、子宮口が開いてきても、陣痛が弱いと判断した場合は陣痛を強める必要があります。

 

子宮口が全開大近くても破水していない場合は人工破膜といって、赤ちゃんを包んでいる卵膜を人工的に破り破水をさせることがあります。

この人工破膜により羊水が若干流出し子宮内の体積が減少することにより子宮収縮が強くなります。

 

特に、経産婦さんの場合はその後一気に分娩が進行することが多いようです。

 

ただしあまり早い時期に人工破膜をさせてしまうと、感染のリスクが上昇したり臍帯脱出の危険性もあります。

自然経過ではなかなか陣痛が強くならず、遷延分娩となったときは陣痛促進剤の使用も検討するようです。

 

(Photo by://www.photo-ac.com/ )

著者: Calmenさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

陣痛に関する記事

陣痛いつから始まる?いつまで続く?出産の痛みは?疑問を徹底解明!

出産と陣痛の恐怖!初産であれば、不安で心が押しつぶされそうになりますね。陣痛は...

なぜ起こるの?前駆陣痛と陣痛との違いとは 見分ける上での大切なポイント

お腹の中ですくすくと育った赤ちゃんは、その時が来れば自力でお腹の外から出てこ...

陣痛の体験談

こんな私でもちゃんと赤ちゃんを産めました!陣痛の感じ方や痛いところ

陣痛とひとくくりに言っても、痛みの感じ方、痛いところは人それぞれだと思います。 私の場合はどんなふ...

陣痛の痛みはどんな痛み?2人目、経産婦の出産体験談

第2子出産の時、第1子と違って陣痛の痛みを一度経験しているため、痛みの心構えはできていたと思います。...

カラダノートひろば

陣痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る