カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. 痔と思ったら大腸の病気だった?!肛門からの出血で考えられる病気を知っておこう!

気になる病気・症状

痔と思ったら大腸の病気だった?!肛門からの出血で考えられる病気を知っておこう!

 

一口に痔と言っても、痔には色々な種類があることはご存じでしょうか。

痔は単に肛門の病気と言うだけでなく、直腸など重要な内臓器官とも密接に関わる病気であり、時には命に関わる大病と関わっていることもあり得ます。

 

痔は排泄時に出血が伴うことはよく知られていますが、この出血が直腸癌などの致命的な病気の症状と重なり判明しにくくしてしまう心配があるのです。

 

出血したからとすぐ痔に直結しては、その致命的な疾患を見逃すこととなってしまいます。痔だと思っても思わなくても、異常があればすぐに医者に診せることが重要です。

 

●痔

肛門にできた痔核が、大便が通り過ぎる際に出血し、肛門から赤い鮮血が出る。

 

●大腸癌・大腸ポリーブ

大腸癌も大腸ポリーブも腸壁にできる突起物で、悪性のものが大腸癌、特に症状も無い良性のできものが大腸ポリーブと言われる。

 

●潰瘍性胃腸炎

腸内が炎症を起こす腸疾患。

 

※痔の種類を見分けるには、出血した血の状態で判別することができます。

 

痔は肛門近くで出血するので、その血の色は鮮やかな赤です。

 

そして大腸癌大腸ポリーブは痔よりもさらに奥の方で出血することがほとんどで、身体の外に出る頃にはどす黒い色へと変質しています。

 

潰瘍性胃腸炎は、腸壁の炎症からの出血なので、その血には粘液が混じっています。

 

この血の状態で見分けることは素人でも知識さえあれば可能ですが、だからといって絶対ではありません。

肛門からの出血を確認するとすぐに専門の医者に看てもらうのが最も確実でしょう。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/3805) 

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痔に関する記事

どんな風に行われる? 気になる痔の検査

「よし、痔の診察を受けよう!」と思っても初めての肛門科はなかなかハードルが高い...

痔にとって市販薬は一時的な助けと考えよう

  手軽に買えて痛みを抑えてくれる市販薬ですが、多くの場合は根本治療にはならな...


それって痔? よく似た別の病気②

  痔だと思っていたら、実は全然違う病気だった!? こんなことは珍しくありま...

「痔」は恥ずかしくない!

  多くの人が痔を恥ずかしいことだと思って隠しがちになり、その結果治療を先延ば...

カラダノートひろば

痔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る