カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 食材 >
  6. 果物 >
  7. 朝食にフルーツを食べて優雅な気分&効率的にダイエット!

美容・ダイエット

朝食にフルーツを食べて優雅な気分&効率的にダイエット!

 
朝食をフルーツのみに変えて痩せるダイエット方法があることをご存知ですか? 
 
フルーツを食べて痩せる仕組みは・・・
・低カロリーでヘルシー
・栄養を摂れる
・水分と食物繊維摂れる
・消化が早い
・果物に含まれる果糖がエネルギーとしてすぐに使われる 
 
生のフルーツはかさがあるため、満腹感を感じるのに意外に低カロリーです。
 
バナナ1本(約80kcal)やリンゴ1個(約125kcal)の量を食べるとじゅうぶんお腹いっぱいになりますよね。
 
ビタミン・ミネラルの栄養がたっぷりで美容にも良く、水分が多いので水分と食物繊維を同時に摂ることができお通じがよくなります。また、消化が早いので胃に負担が掛からず、すぐにエネルギーに代わるので体に溜め込まれません。
 
逆に、朝にパンを食べる場合パンの炭水化物・マーガリンの脂質・ジャムの糖質は消化が遅く体内にとどまる時間が長いので、エネルギーとして使われにくくそのまま使われないでしまうと、余ったエネルギーは脂肪として体に蓄えられてしまいます。
 
食べる量は、毎朝バナナ3本などでも構いませんが、理想は2~3種類の果物を組み合わせて食べることです。 
 
 
◆フルーツの朝食例
・バナナ1本(約80kcal)
・オレンジ1個(約50kcal)
・りんご1個(約125kcal)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 kcal合計 約255kcal 
 
ちなみに、食パンのトーストにマーガリンをたっぷり塗って食べると、1枚300kcal以上にもなりますが成分の大半は炭水化物と脂質のみで、ビタミン・ミネラルや水分・食物繊維のダイエットに必要な栄養はほとんど含まれていないのです。
 
フルーツの朝食は気分的にも優雅ですよね。一度試してみませんか?
 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

果物に関する記事

ダイエット中に果物を食べるときに気をつける点

    ダイエットをする人で、果物をたくさん摂ってダイエットをしている人...

あの有名人も成功した『シークァーサーダイエット』は、シークァーサーを補助で使おう!

シークァーサーはかんきつ類の一種で、ノビレチンという成分が認知症効果で注目され...


ビタミンたっぷりなのに!?食後のフルーツは無意味な存在だった?!

果物は多くのビタミンを含むことから、美容には欠かせない存在との認識を持つ方も多い...

朝食を食べていないあなたへ~バナナで痩せ体質ゲット!~

忙しい・・・、お腹が空かない・・・と、朝食を抜く女性が増えています。朝食は一...

カラダノートひろば

果物の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る