カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. ブドウ膜炎 >
  5. 知っておこう!ブドウ膜炎で使用される薬

気になる病気・症状

知っておこう!ブドウ膜炎で使用される薬

薬

 

ブドウ膜炎はさまざまな原因で引き起こされる、目玉を囲む膜の炎症のことです。

原因によって、治療法や期間、使用する薬は変わってきますが、基本的には以下の薬が使用されることが多いです。

 

ステロイド

 

炎症をおさえる効果がある薬です。

目薬、内服薬、注射や手術など使われ方は症状によりけりですが、すべての治療方法で使用される薬剤です。副作用がいろいろある薬なので、医師の指示によく従って服用する必要があります

主には細菌に感染しやすくなったり、また大量投与により糖尿病、高血圧、脂質異常などが起こる場合があります。

 

散瞳薬(さんどうやく)

 

瞳孔を広げるお薬です。虹彩が炎症を起こしている場合、その背後にある水晶体という組織と癒着を起こし、花びらのようなかたちになってしまいます。

その癒着を防ぐために瞳孔を拡大させます

副作用として、ものがかすんで見えたり、まぶしく見えたりします。薬の種類によっては2、3日続く場合もあるので車の運転などは控えたほうがいいです。

 

その他免疫抑制剤

 

自己免疫疾患が原因の場合などは、白血球の働きや、免疫細胞の働きを抑える薬を投与します。

催奇性があるので妊娠を希望している人には投与できない薬です。

免疫抑制剤は重篤な副作用が起こる可能性があり、定期的に通院し血液検査を受けて副作用をチェックすることが必要になります

主には肝機能や血管、心臓などに異常が出ることがあります。

 

薬には副作用がつきものです。

自分の体調や、病歴、今飲んでいる薬や妊娠の可能性の有無など、医師に情報をしっかり伝えて薬を処方してもらいましょう。

 

 

 

photo  by://www.ashinari.com/2013/02/28-376731.php

 

著者: tossyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ブドウ膜炎に関する記事

気をつけたい!ブドウ膜炎の合併症

  ブドウ膜炎になると、その他の合併症が起こりやすくなり、その合併症によっ...

ブドウ膜炎の影には違う病気があるかもしれない?

  ブドウ膜炎は目玉をぐるりと取り囲む膜に炎症が起きる病気です。ひどくなる...


失明するかもしれない!?ブドウ膜炎の症状とは

ブドウ膜炎という単語からどのような病気を思い浮かべますか。   ブドウ膜とは ...

カラダノートひろば

ブドウ膜炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る