カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 子宮・胎盤 >
  5. 紀子様もなった「前置胎盤」の状態や症状、妊婦・赤ちゃんにとってハイリスクの理由とは

妊娠・出産

紀子様もなった「前置胎盤」の状態や症状、妊婦・赤ちゃんにとってハイリスクの理由とは

 

紀子さまご出産の時にメディアに取り上げられた「前置胎盤」。一時期はよくニュースで取り上げられていましたが、おぼえてますか?

妊娠中の方だけでなく、妊娠を考えている女性のみなさんも「前置胎盤」について知っておきましょう。

 

前置胎盤とは?

胎盤は通常、子宮の一番奥の天井部分にできます。しかし、前置胎盤はこの位置が通常よりも低く、子宮の横の壁にできたり、子宮の入り口にかぶさったり、蓋をしている状態をいいます。

赤ちゃんの出口がふさがれているわけですから、基本的には帝王切開になることが多いです。これは、お母さんにとっても赤ちゃんにとても危険性の高い妊娠です。

 

前置胎盤の種類・なりやすい人は?

前置胎盤には3つの種類があり、症状やリスクが異なります。

 

1. 全前置胎盤

胎盤が子宮付近にでき、完全に子宮の入り口をふさいでいるタイプ(重症)

 

2. 部分(一部)前置胎盤

胎盤の位置が低く、子宮の入り口をほんの少しだけふさいでいるタイプ

 

3. 辺縁前置胎盤

胎盤の端っこが子宮の入り口にかかっているタイプ(軽症)

ちなみに紀子様のときは、1に近い2と報道されていたようです。

 

また、前置胎盤になりやすいタイプとしては以下のような場合の可能性が高いようです。

 

・経産婦(お産が2回目以降)

・帝王切開、人工妊娠中絶術、子宮筋腫核出術など子宮の手術を行ったことがある

・双子などの多胎妊娠、胎盤の形態異常

・喫煙(非喫煙妊婦の1.5倍)

・高齢

・前置胎盤の既往歴がある

 

前置胎盤が危険とされる3つの理由

前置胎盤が危険な理由としては、以下の3つの理由があります。

 

1. 正常な分娩が難しい

胎盤が子宮口にかかり赤ちゃんの出口をふさいでいるので、膣からの分娩は難しいことが多いようです。

 

2. 妊娠中に大出血を起こす可能性

子宮頚部という膣に近い部分は、妊娠週数が進むにつれて伸びていきます。

前置胎盤は子宮頸部に胎盤が乗っている状態です。子宮は伸びていきますが、胎盤は伸びることがないため、子宮と胎盤の間にズレができ、その際に胎盤が出血を起こすことがあります。

出産時に子宮は大きく変化するため、大出血となる可能性があり、母児共に危険な状態にしてしまいます。

 

3. 癒着胎盤などの合併症がある

子宮の内側には、「内膜」という膜があります。内膜は子宮頚部の方にいくにつれ薄くなっています。内膜が薄い所に胎盤ができると、胎盤の血管や子宮の筋肉、子宮の本体まで巻き込んでしまい癒着胎盤の状態となり、分娩後に出てくるはずの胎盤が出てこれなくなってしまいます。

 

前置胎盤の症状

一般的に前置胎盤は無症状です。しかし、妊娠中に痛みのない突然の出血や大量の性器出血が発生することがあります。この場合は、産婦人科に受診が必要になります。これらの症状は、お腹が大きくなり張りやすくなる妊娠28週以降に増加するといわれています。

 

出血がひどい場合には入院が必要となります。安静にし、必要があれば子宮収縮抑制剤を投与して出血を防ぐ治療を行います。

出血がなければ外来の通院でよいのですが、前置胎盤がわかった場合には、いつでも入院できるように準備をしておくとよいでしょう。

また、出血がなくても妊娠30週ごろには安静のために入院になることが多いようです。

 

前置胎盤の出産

前置胎盤の分娩は、ほとんどの場合が帝王切開になります。この場合、手術の際の大量出血に備え、自分の血液を輸血用にあらかじめ保存してストックしておく「自己血貯血」を行います。

自分の血液だけでは足りない場合は、通常の輸血を行います。

 

分娩時にもしも癒着胎盤などの合併症があった場合は、子宮全摘術などを行うこともあります。癒着により分娩後、胎盤がはがれないと子宮内で胎盤が腐ってしまうリスク、また、出血が止まらないようなことがあれば母親の命にも関わるためです。

 

重症の前置胎盤はリスクが高く、産科医だけでなく小児科医、麻酔科医など多くのスタッフが関わります。そのため小さな産院では対応できないことがあるため、総合病院など規模の大きな病院での対応になることが多いようです。

 

ママは心配しすぎずに…

前置胎盤はリスクはあるものの、心配しすぎも身体に毒です。紀子さま同様、無事に出産されているママもたくさんいます、あまり心配しすぎず、体調と赤ちゃんのことを考えながらリラックスしながら過ごしましょうね。

(photo by http://pro.foto.ne.jp)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-16掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

子宮・胎盤に関する記事

高齢出産の出産トラブル「子宮破裂」子宮破裂の原因は?症状や予防法など基礎知識

「子宮破裂」…女性からしたらとても怖い状態ですよね。ドラマ「コウノドリ」でこ...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

子宮・胎盤の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る