カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. その他 >
  5. 分娩時の傷で感染!産褥熱とは?

妊娠・出産

分娩時の傷で感染!産褥熱とは?

 

出産のときにはどうしても、傷ができてしまうもの。

何もなければいいのですが、そこから感染してしまうと産褥熱という病気になります。

 

産褥熱とは?

分娩やその前後にできた傷を介して細菌が感染し、それによって発生する熱を伴う病気の総称です。

今は自宅での出産は少なく、医療施設や助産所の衛生状態が非常に良いので、産褥熱による死亡率は極めて低いです。

しかし、分娩後は睡眠不足や疲労から免疫力が低下し、様々な菌に感染するリスクがありますので注意が必要です。

 

原因は?

・医師・助産師の手指、使用器具、分娩室などが汚染されている外因性感染

・お母さんの体にある他部位の病変からの内因性感染

・自分の性器内の菌による上行性感染

もっとも多いのは上行性感染といわれていますが、感染源や感染経路は特定できないものが多いです。

 

 

症状は?

 

・38℃以上の高熱(2日以上続く)

・悪寒(寒気)

・下腹部痛

・悪臭を伴う悪露

・子宮を押すと痛む(圧痛)

 

検査・治療は?

 

悪露や傷の分泌物、血液などの培養検査を行い、診断します。

菌によって検査結果が出るまでに数日かかる場合がありますので、最初は広範囲の菌に使用できる薬が処方されます。

 

産褥熱は分娩後、自分でリスクを抑えることができます。

面倒かもしれませんが下着やナプキンはこまめに取り換え、清潔を保つように心がけましょう。

 

 

 

(photo by //pro.foto.ne.jp/free/product_info.php/cPath/21_28_69/products_id/4609)

著者: Calmenさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

産後クライシスを防ぐ!!あなたのストレスを和らげる3つの方法

最近メディアで耳にする『産後クライシス』。母になった経験のある方なら思わず納...

産後の骨盤の状態をよく知ろう! 骨盤を元に戻すために【後編】

後編では、早期に骨盤を管理することによるメリットなどについてご紹介します。 ...

その他の体験談

許せない! 出産後の夫の行動・発言

産後2か月半が経ちました。 娘の授乳間隔も伸び、夜間の授乳は1度に。 まとめて睡眠がとれるように...

パパ大奮闘の産後生活

生まれてくるわが子と片時も離れたくないパパの希望もあって、一人目出産時は産前産後の里帰りをせず、自宅...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る