カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 赤ちゃんの入浴について知っておこう

育児

赤ちゃんの入浴について知っておこう

 

わが子であっても、体の小さい赤ちゃんをお風呂に入れることは緊張します。

 

体をきれいに洗うつもりなのに、洗い方によってはデリケートな赤ちゃんの肌トラブルの原因になることがあります。

 

赤ちゃんは石鹸で洗うほうがよい?

 

赤ちゃんはその小さな体に、大人と同じだけの汗腺があります。

大人と違い、赤ちゃんはほとんどの時間をおむつで覆われている為、汗をかきやすいのです。

 

また、生まれてしばらくは脂漏が増えるので、実は脂っぽいのです。

一見あまり汚れていなさそうな赤ちゃんでも、毎日しっかりと洗ってあげることが必要です。

 

石鹸は洗浄力が強いのでしっかりと汚れを落としてくれるイメージですが、赤ちゃんにはあまり適しません。

赤ちゃん用の石鹸は髪の毛も洗えますが、石鹸は石鹸カスが残りやすく、しっかりとゆすいであげないとトラブルの原因になります。

 

頭がちょっと臭う…という赤ちゃんは、石鹸カスが残っていることが原因かもしれません。

 

まだバランスが不安定な赤ちゃんを隅々まできれいに洗うことは簡単ではありません。

特に、お母さんが一人で赤ちゃんを洗うのは一仕事です。

 

洗剤をしっかり落とすためにも、赤ちゃんには液体タイプがおすすめです。

デリケートな赤ちゃんの肌には、「弱酸性」「低刺激」「無香料」「無着色」のタイプを使用しましょう。

 

赤ちゃんは水に慣れていない?

 

赤ちゃんの頭と体を洗うとき、赤ちゃんが怖がるかも…と洗う側がビクビクしながら洗うことが多いかもしれません。

 

生まれるまで羊水の中で過ごしていた赤ちゃんは、水に適応できます。

赤ちゃんの内は自然に耳に水が入らないようになっていますし、万が一頭から水がかかっても、赤ちゃんは一瞬ビックリするかもしれませんが心配することはありません。

 

ビクビクしながら赤ちゃんを洗うと、汚れがしっかり落ちません。

赤ちゃんの内はまだ十分に首を支えられず、首の皮膚と皮膚がくっついている状態なので、汚れがたまりやすいです。

他にも、腕のくぼみ、ひざのうら、脇など、しっかりと洗ってあげないと、いつの間にか汚れが溜まってしまい、肌荒れの原因になります。

 

赤ちゃんとのお風呂は肌と肌がふれるコミュニケーションの一環です。

赤ちゃんの肌にしっかりと触れて、きれいに洗ってあげましょう。

赤ちゃんの肌トラブルなどの異変を発見できる機会でもあります。

 

 (photo by [http://free-images.gatag.net/tag/children-

 

babys])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お風呂・スキンケアに関する記事

赤ちゃんの肌は生後4ヶ月から変わる?3ヶ月から4ヶ月の肌の様子とスキンケアの注意点

赤ちゃんの肌ってサラサラでスベスベですよね。けれど赤ちゃんの肌はその見た目以...

入浴が乾燥肌の原因に?注意したい子供の冬のお風呂の入れ方

ぐっすり眠ることは風邪予防にもとても大切。そのためにはお風呂で冷えた体をじっく...

お風呂・スキンケアの体験談

ママ1人でお風呂どうやって入れる?我が家の入浴方法

パパの帰りが遅く、子どものお風呂をママ1人で入れるという人少なくないと思います。 みなさんはどうや...

2人育児!2人いっぺんにお風呂に入れる我が家のやり方。

我が家の子どもは2歳と0歳の二人。 パパは帰りが遅いので、お風呂はわたしが一人でいれます。 これ...

カラダノートひろば

お風呂・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る