カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 耳硬化症 >
  5. 耳硬化症進行により平行して進行していく症状

気になる病気・症状

耳硬化症進行により平行して進行していく症状

あさがお

 

耳硬化症は進行性の難聴です。思春期以降に聴力が低下し始めて、40代頃には難聴がかなり進行しています。症状が進行していく過程でいくつか出てくる症状があります。

 

耳鳴り

 

聴力の低下とともに、耳鳴りも進行していきます。両側におこることも、片側のみのこともあります。あぶみ骨の手術をして難聴を回復させても耳鳴りは残ることもあります

 

めまい

 

耳硬化症が進行すると、内耳にも影響が出てめまい症状が起こります。メニエール病と同じ理屈で起こりますが、耳硬化症がある場合は内リンパ水腫という病名になります。

循環改善薬などでの治療が行われます。また手術をすることで後遺症として出る場合もあります

 

手術後の経過

 

手術後に聞こえる音域があったりなかったりといった症状が出る場合があります。また味覚障害などが出る場合があります。耳鳴りやめまい症状が発症したり、悪化したりする可能性があります。

 

耳硬化症は両側性

 

片側だけの症状が進行していく場合もありますが、残りのほうの耳も硬化症が進行していくことが多いです。片方がかかっている場合は両方をあわせてみていく必要があります。

 

 

耳硬化症は難病で、遺伝が関係しているといわれています。

有色人種では罹患率が低いのですが、白人では罹患率が5パーセント以上と高くなっています。

有色人種には珍しい病気なので、認知率も低く、熟練した医師や手術を行える施設も多くあるわけではないので治療に際しては、なるべく症例を多く扱う施設や医師に診察してもらったほうがいいでしょう。

 

 

photo by://www.ashinari.com/2010/09/16-340776.php?category=219

著者: tossyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

耳硬化症に関する記事

徐々に進行する難聴!耳硬化症

  難聴にもさまざまな種類がありますが、30代以上の女性が多く症状を訴える...

耳硬化症の診断のために行われる検査 検査で痛みはほとんどないので安心して

  原因不明で耳の中に骨状の組織が出来てしまう病期が耳硬化症で、すべての耳の病...


耳硬化症の手術の後遺症にはどんなものがあるの?安全な手術のための医師選び

  耳硬化症は、耳の奥にある耳小骨の付近に骨のような組織が出来てしまう病気のこ...

原因不明の耳硬化症!かかりやすいのはどんな人?

  耳硬化症という病気は耳の中に骨状の組織が大量に出来てしまうのが特徴です。 ...

カラダノートひろば

耳硬化症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る