カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 老人性難聴 >
  5. 老人性難聴とコエンザイムQ10

気になる病気・症状

老人性難聴とコエンザイムQ10

老人

 

老人性難聴は老化現象の一種なので、原則として回復していくことはない病気です。

進行していくと高音域から徐々に低音域にむけて聞こえなくなってきます。

予防するには耳を酷使しないことと十分な栄養を摂取することなどが有効とされています。その中でも有効とされている栄養素があります。

 

老人性難聴の原因の一つである細胞の損壊は、フリーラジカル(活性酸素)によって引き起こされているという説があります。

また、活性酸素を除去する栄養素を摂取することで、難聴を予防できるという研究結果も存在します。

 

コエンザイムQ10

 

抗酸化作用で有名なサプリですが、継続的に服用することで難聴の進行を食い止めることができます。

 

ビタミンE

 

同じく高い抗酸化作用を持ち、細胞の老化防止をたすけます。また、血流改善の作用があるため耳の細胞に栄養が届きやすく細胞の損傷を防ぎ回復させます。

 

ビタミンB

 

ビタミンBは皮膚や粘膜を生成するのに必要な栄養素です。この栄養素を恒常的に摂取することで粘膜の健康を維持することができます。

 

ビタミンC

 

ビタミンEとともに働く補酵素で、高い抗酸化作用を発揮します。

 

 

活性酸素を除去する栄養素と粘膜を維持するための栄養素を摂取して、十分な休養をとることを心がければ、細胞の損傷は最小限でおさえられ、難聴の予防につながるということでしょう。

耳の聞こえの能力が保持されることは、健康を保つ上で重要なことなので、予防できるのであれば予防をしておいうたほうが無難です。 

 

 

photo by://www.ashinari.com/2008/09/04-007678.php?category=52

著者: tossyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

老人性難聴に関する記事

老人性難聴は障害者手帳の対象になる!障害者手帳を持つメリット・デメリット

年を取って耳が遠くなることは誰にでも起こり得る現象です。年齢を重ねれば細胞の動...

高齢者だから老人性難聴という決め付けはよくない

  老人になると、大多数の人が耳が遠くなります。老人性難聴といって一種の老...


聞こえにくくなってきたら考えてみよう!老人性難聴での補聴器の選び方

  軽度難聴の中でも最も多いのが老人性難聴で、年を取って耳の細胞が弱ってくるこ...

老人性難聴てどんな風に聞こえない?

  老人性難聴とは、ご老人の耳が遠くなるの現象のことです。 加齢によって内耳の...

カラダノートひろば

老人性難聴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る