カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

育児・子供の病気

赤ちゃんの手の力

 

赤ちゃんは小さい手をぎゅっとして生まれてきます。

 

「幸せを握って生まれてくる。」とよく言ったものですが、最近は食事が欧米化し、妊婦さんの食事も栄養満点なことから、手を開いて生まれてくる赤ちゃんが増えてきています。

 

赤ちゃんの脳は生まれてから3歳になるまでに、とても速い速度で成長します。

 

脳を成長させる手

 

例えば、赤ちゃんが寝返りもハイハイもせずに、ずっと寝たままだと脳はなかなか発達しません。

 

脳の成長には外からの刺激が不可欠です。

 

特に手にはたくさんの神経が通っています。

私たちの生活で手を使うシーンはたくさんありますが、赤ちゃんはまだ手を器用に使うことができません。

 

しかし、手に触れたものを何でもギュっとつかむ赤ちゃんは、毎日身近にあるものを触って学んでいるのです。

 

年齢に適した脳を鍛えるおもちゃ

 

0ヵ月~3ヶ月

 

・にぎにぎ

・ガラガラ

・メリー

 

まだ器用におもちゃを握れない赤ちゃんには、マジックテープで手につけられるガラガラがおすすめです。

 

 

4か月~6カ月

 

・ベビージム

・布絵本

 

徐々に思うように指を動かすことができるようになり、布絵本は外出時のおもちゃにも便利です。

 

 

7か月~10か月

 

・ボール

・積み木

・動くおもちゃ

 

ハイハイやつかまり立ちができるようになるこの頃は、動くものに興味を示し、追いかけるようになります。

 

積み木は当たっても痛くないクッションタイプのものや、口に入れても安心な塗料や素材のものがあります。

 

 

11か月~12か月

 

・仕掛け絵本

・図鑑

 

よちよち歩けるようになってくるこの時期は、外に出かけて色々な物を見せたり、触らせてあげましょう。

また、写真が載った図鑑もよいでしょう。

 

生まれたての赤ちゃんにとっては、全てが初めての経験で、全てが刺激です。

色々なものを触らせて脳を刺激してあげましょう。

 

 

 

(photo by [//free-images.gatag.net/tag/children-babys])

 

 

 

著者: cocoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

動作・行動に関する記事

赤ちゃんの生活習慣はお母さん次第!赤ちゃんと過ごす一日

    赤ちゃんの生活習慣はお母さん次第です。   お母さんもこれを機に、赤ち...

【乳児の育児体験談】ベビーサインでコミュニケーション

    言葉を話す前の赤ちゃんと、 手や指を使ってコミュニケーションを...

動作・行動の体験談

出来るようになったこと

息子も7ヶ月になって急に出来ることが増えたような気がします。お座りまだ完全なお座りはできないのですが...

目を離したすきに"(ノ*>∀<)ノ♡寝返り!??

昨日は久しぶりのフェイシャルエステ♪ あっ!! もちろん...アタシσ(´∀`*)です(笑)...

カラダノートひろば

動作・行動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る