カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 赤ちゃんの手の力

育児

赤ちゃんの手の力

 

赤ちゃんは小さい手をぎゅっとして生まれてきます。

 

「幸せを握って生まれてくる。」とよく言ったものですが、最近は食事が欧米化し、妊婦さんの食事も栄養満点なことから、手を開いて生まれてくる赤ちゃんが増えてきています。

 

赤ちゃんの脳は生まれてから3歳になるまでに、とても速い速度で成長します。

 

脳を成長させる手

 

例えば、赤ちゃんが寝返りもハイハイもせずに、ずっと寝たままだと脳はなかなか発達しません。

 

脳の成長には外からの刺激が不可欠です。

 

特に手にはたくさんの神経が通っています。

私たちの生活で手を使うシーンはたくさんありますが、赤ちゃんはまだ手を器用に使うことができません。

 

しかし、手に触れたものを何でもギュっとつかむ赤ちゃんは、毎日身近にあるものを触って学んでいるのです。

 

年齢に適した脳を鍛えるおもちゃ

 

0ヵ月~3ヶ月

 

・にぎにぎ

・ガラガラ

・メリー

 

まだ器用におもちゃを握れない赤ちゃんには、マジックテープで手につけられるガラガラがおすすめです。

 

 

4か月~6カ月

 

・ベビージム

・布絵本

 

徐々に思うように指を動かすことができるようになり、布絵本は外出時のおもちゃにも便利です。

 

 

7か月~10か月

 

・ボール

・積み木

・動くおもちゃ

 

ハイハイやつかまり立ちができるようになるこの頃は、動くものに興味を示し、追いかけるようになります。

 

積み木は当たっても痛くないクッションタイプのものや、口に入れても安心な塗料や素材のものがあります。

 

 

11か月~12か月

 

・仕掛け絵本

・図鑑

 

よちよち歩けるようになってくるこの時期は、外に出かけて色々な物を見せたり、触らせてあげましょう。

また、写真が載った図鑑もよいでしょう。

 

生まれたての赤ちゃんにとっては、全てが初めての経験で、全てが刺激です。

色々なものを触らせて脳を刺激してあげましょう。

 

 

 

(photo by [http://free-images.gatag.net/tag/children-babys])

 

 

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

成長の目安に関する記事

自立と依存が共存する1歳児 1歳児との接し方ってどうしたらいい?

  子どもが1歳を過ぎてくると、1年という一つの節目を超すこともあって「本当に...

赤ちゃんのハイハイの時期は?ハイハイの大切な意味と練習方法を紹介

ハイハイをして後を追ってくる赤ちゃんはとても可愛らしいですよね。その一方でな...

成長の目安の体験談

生後6ヶ月になった子供の行動…

出産をした時はとても小さく、もしかしたら保育器に入るかもしれないなんて言われたこともあるうちの娘 ...

電車が好き?物の認識がしっかりしてきました

息子も1歳1か月。さすがに1歳になると、物の認識もしっかりしてきたせいか、こちら側にも好き嫌いがはっ...

カラダノートひろば

成長の目安の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る