カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. スキンケア >
  5. 肌トラブルを防ごう!赤ちゃんのお手入れ

育児・子供の病気

肌トラブルを防ごう!赤ちゃんのお手入れ

 赤ちゃんは大人よりも新陳代謝がよく、実はとても汚れやすいのです。

デリケートな肌の赤ちゃんに汚れがたまると、肌トラブルの原因にもなります。

赤ちゃんのお手入れは毎日行なってあげましょう。

 

爪のケア

赤ちゃんの爪は伸びるのが早いです。

眠くなってくると顔や耳の後ろをかいたり、寝ている間に顔をかきやすいので、こまめに爪は切ってあげましょう。

角がたたないように丸く切ってあげましょう。

また、赤ちゃんの爪はとてもやわらかいので、十分に注意して切ってあげましょう。

赤ちゃんが寝ている間に切ってあげると、危なくないでしょう。

 

☆お顔のケア 

赤ちゃんの顔は自分と同じように、水でばしゃばしゃ洗うことは不可能です。

ぬるま湯に浸したガーゼで軽く拭いてあげてましょう。

入浴時起床時の最低2回は拭いてあげ、よだれが出るようになれば、こまめに拭いてあげましょう。

拭いてあげた後は、乾燥しないように赤ちゃんのお顔に塗ってもよい保湿クリームを塗ってあげましょう。

赤ちゃんの肌はとても乾燥しやすいのです。

 

☆お鼻のケア

生まれてくれば、赤ちゃんは良い空気も悪い空気も吸います。

鼻の中が汚れて、鼻くそがたまりやすくなるので、やわらかくなって取れやすい入浴中や入浴後にお手入れをしてあげましょう。

鼻先をガーゼで、鼻くそを引き出すようにつまみます。

よほど鼻がつまるようであれば、ベビー用の綿棒を使用しましょう。

赤ちゃんが動くと危険なので、十分に気を付け、奥まで入れすぎないようにしましょう。

 

☆耳のケア

オリーブオイルに浸したベビー用綿棒とぬるま湯に浸したガーゼを使います。

綿棒は奥まで入れず、入り口付近を掃除する程度にしましょう。

耳の周りや裏は、ガーゼを指を包んで掃除しましょう。

 

☆おへそのケア

垢がやわらかくなっているお風呂上がりに掃除してあげましょう。

デリケートな部分なので無理な掃除はやめましょう

また、頻繁に掃除する必要はありません。

月に1のペースで掃除を行いましょう。

(photo by [//www.gatag.net/02/06/2009/120000.html])

著者: cocoさん

本記事は、2016-11-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

スキンケアに関する記事

季節の変わり目、赤ちゃんの為にやっておきたいこと

  日本の美しい季節変化「四季」。 自然の変化を肌で感じ、情操にも非常に...

乳児湿疹ってなに?4つの原因と症状、対処法

   生後2週間頃になって赤ちゃんの顔にボツボツが!やがて、全体に広がっていき...

スキンケアの体験談

どんどん酷くなる乳児湿疹><

1ヶ月検診が終わって一安心したのも束の間、顎の下が少しだけ赤く発疹が出来ているなと思っていた次の日に...

赤ちゃんの柔らかすべすべ肌を守りたい!

かぶれやすい、赤ちゃんの柔らかくてすべすべの肌を守りたくて、保健師さんに相談したり、調べたりしてみた...

カラダノートひろば

スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る